Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

有名デザイナーの作品記事一覧

有名デザイナーの作品

有名デザイナーの作品 : この項目ではアンドレ・クレージュピエール・カルダンはじめとするファッション・デザイナーたちの1960年代の作品を中心に紹介し、コメントや説明を付しています。画像と文章をお楽しみください。一部に1920年代・1930年代など他の時代の作品も取り上げます。

1960年代のデザイナーたちは衣服の素材から形態まで色々と斬新なものを登場させ元気な印象を与えてくれました。そこには白色がファッションの仲間入りを果たし、ナイロンやPVCがあり、ミニドレスや平底シューズがありました。

サンフランシスコ 国際空港 フライト ファッション 展覧会

アンドレ・クレージュのスーツ : 1968–69年

アンドレ・クレージュが1968-69年に発表したスーツを解説しています。

記事を読む

アンドレ・クレージュのコート・ドレス : 1965年

アンドレ・クレージュが1965年に発表したコートとドレスの組み合わせ(アンサンブル)を解説しています。

記事を読む

アンドレ・クレージュのメリー・ジェーン・シューズ

メリー・ジェーン・シューズ : アンドレ・クレージュは最初の既製服ファッション・デザイナー(衣服設計師)の一人で、その名は履物にも及びます。この平坦なメリー・ジェーン・シューズ(Mary Jane Shoe)は、パンチの効いた色と大袈裟な正方形状の爪先・舌皮をもち、クレージュの未来的衣装の完全な付属物でした。

記事を読む

アンドレ・クレージュのウールドレス : 1968年頃

アンドレ・クレージュのウールドレス : これはアンドレ・クレージュが1968年頃に発表したドレスです。素材はウール。デザイン、素材、縫製、その他に分けて解説しています。この作品はミセス・ホワード・L・ロスが1984年にメトロポリタン美術館へ寄贈しました。

記事を読む

アンドレ・クレージュのコットンドレス : 1965年

アンドレ・クレージュのコットンドレス : これはアンドレ・クレージュが1965年に発表したドレス。素材はコットン。デザイン、素材、縫製、その他に分けて解説しています。この作品は1974年にキンバリー・ニットウェア社からメトロポリンタン美術館へ寄贈されました。

記事を読む

アンサンブル : アンドレ・クレージュ, 1965年

素材はウール(羊毛)。帽子も含めて黄色と白色の対照性が強いです。靴はゴーゴー・ブーツ。この写真を2017年に知ってから、このモデルを探しています。

記事を読む

モンドリアン・ドレス : イヴ・サンローラン

このドレスは画家から着装を得たのでモンドリアン・ドレス(Mondrian Dress)と呼ばれます。『ヴォーグ』フランス版1965年9月号の表紙に掲載されました。このドレスの配色は5色ですから多いと言う印象です。

記事を読む

コート・ドレス : アンドレ・クレージュ, 1965年

コート・ドレス : これらはアンドレ・クレージュ(André Courrèges / Andre Courreges)が1965年に発表したコート・ドレスです。いずれも輪郭はAライン、衿は折衿です。左右腕の付根(アーム・ホール arm hole)から曲線で胸元まで、直線でドレス裾まで縫目が続いています。これはプリンセス・ライン princess line とよばれます。

記事を読む

アンサンブル : アンドレ・クレージュ, 1966-67年

Aライン・シルエットのアンサンブルに大きめのボタンが使われています。1960年代ファッションの代表的な特徴の一つです。すべての縁取りがスカラップ(波形)の形になってます。

記事を読む

アントニオ・カスティーヨのイヴニング・ドレス : 1957年

このイヴニング・ドレスはアントニオ・カスティーヨがランバン・カスティーヨ用にデザインしたジブライン地(けばの長い厚地織物)ドレスです。ジブライン生地はスタロン社製。1957年・パリ製。

記事を読む

1 2