モードを知ろう記事一覧

モードを知ろう

モードを知ろう : モードを知っていくうえで必要なアパレルの基礎知識を整理しています。主に2点、1つにグループで最も抽象的となる言葉(ドレスなど)や不可解なファッション用語(普通袖など)、2つに洋裁技術・ミシンなどを取り上げています。
勉強は数冊の本を往来すること。

肩縫線 : shoulder seam line

肩縫線 : 人体の肩に該当する箇所にある縫目。布を節約する目的や肩の張りを強める目的で利用されます。たいていの衣服に見られます。肩縫線は身頃を前後に分け、肩と袖とを分けます。小分けするこの線はまさに洋裁・洋服らしさを示しています。そして、腕環(アーム・ホール)に接しているため、衣服制作で最も難しい箇所の一つです。

記事を読む

デザイナー designer : 言葉の意味とその変遷

デザイナー designer とは設計、意匠、計画などの意味を持つデザイン業をする人(設計師)。ファッションの分野においては、印象や主張を衣服の形態として具現化させる役割を果たします。古来から人間は衣服を設計し裁縫してきました。19世紀フランスではその工程が分化し、設計部門(デザイン部門)が肥大化し始めました。そしてデザイナーが独立職(独立色)を強め、主導的立場になっていきました。

記事を読む

アパレル apparel : 言葉の解説と辞典の誤解

アパレル apparel は英語の古語で、衣服や衣類を意味し、紳士服、婦人服、子供服の総称です。広義では靴やアクセサリーを含みます。アパレルに既製服の意味を持たせるのは間違っています。よく辞典では「既製服」を強調されていますが、アパレル以外でも garment, clothes, clothing, dress の言葉全てに既製服と注文服の意味が含まれるので、明らかな誤解です。

記事を読む

ツー・ピース two pieces : 種類別に説明

ツー・ピース two pieces : 上下に分かれた2つの部分からなる服のことで、ワン・ピースの対語です。ちなみに、ドレスはワン・ピースの代表的な衣服と思いがちですが、ツー・ピース・ドレスというのもあります。このページではツー・ピースの衣服を種類別に説明しています。

記事を読む

ニュー・キモノ

ニュー・キモノ : 新たな発想で制作された現代和服の総称です。ニュー・キモノが着物として認識されるのは、着物の普遍要素・不変要素たる、袂のある広袖、平肩の袖(連袖)、打ち合わせの裾を含むためです。商品として根拠とされるのは既製服で安価なもの。20世紀を通じて極端にフォーマル化された着物とは異なる商品戦略の上にニュー・キモノは成立しています。

記事を読む

デニム denim : 語源、生地の種類など

デニム denim は糸染の厚地織物の一種で、経(たて)にインディゴ (Indigo, 青藍) で染めた10~14番の太糸を、緯(よこ)に細めの、12~16番の晒し糸か未晒し糸を用い、2/1の三つ綾か3/1の四つ綾に織った生地のことです。ジーンズの生地として広く知られています。

記事を読む

繊維 : その種類と考え方― 天然繊維と化学繊維―

このページでは、天然繊維と化学繊維の種類と考え方を学びます。繊維は2種類に大別できます。人間に外在する動植物の一部分を加工する繊維と、石油などの鉱物資源・鉱産資源を化学処理して製造する繊維です。

記事を読む

ニット knit の包括的な説明 : 語源, 特性, 機械, 製品など

ニット knit は衣料品の中で位置づけの難しい物・言葉です。これは、一本の糸から布になる場合と衣料品になる場合に分かれるからです。ニット(編む)とは、イギリスのジャージー島(イギリス海峡)で漁夫のブルオーバーのセーター地に作られたのが用語の由来です。

記事を読む

キモノ・スリーブ : 日本での誤用とその背景

キモノ・スリーブ kimono sleeve は分かりにくいファッション用語の一つです。日本の服飾文化が西洋を基準に形成されてきたことは広く知られる通りですが、それが用語上の大きな問題を誘発しています。そもそも袖は日本のファッション用語・服飾用語で最も混乱している一つです。 ここではキモノ・スリーブの日本での誤用をはじめ、キモノ・スリーブを取り巻くファッション用語を整理します。

記事を読む

広い用途 : ミシンの特徴 3

広い用途 : ミシンの特徴 3 / 表1 ・表2 は、『工業統計表』の「主要作業機械及設備数」から工業部門別設置数を算出したものです。「主要作業機械及設備数」は1929年に初めて登載されますが、以後1935年まで収録されていません。そのうち、ミシンが初めて記載されるのは本表の1939年です。

記事を読む