旧コンテンツ記事一覧

旧コンテンツ

旧コンテンツ : 今後は調べ直したり書き直したりする予定が無いものを集めています。もし知りたい・読みたいテーマや言葉がございましたら、こちらからリクエストして下さい。少し調べ直して記事を新しく致します♪

ミシンの縫目 : 主な縫目の種類

ミシンの縫目 seam にはいくつかの種類があります。ここでは「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社」の「基本の縫い方」を元に、こちらで用意した縫目の写真も加えて、ミシン縫目の種類を説明します。ジーンズのポケット、旗袍のスリットの閂止も紹介しています。

記事を読む

靴修理用八方送りミシン : Singer 29K54

靴修理用八方送りミシン : Singer 29K54 は、ゴム底の足袋、スリッパ縫に適する。縫目大きく腕の先端が極度に細い。縫床12インチ1/4、29k2と同型なり。腕の長さ17インチ1/2、舟稍大きく、厚物縫に適する。速力300。

記事を読む

Singer 23-8 ミシン : 洋服上衣、チョッキ、縫用その他

Singer 23-8 : 1/2インチより1インチ1/2の長さのボタン穴を作る。裁縫前か裁縫後に穴開けをする。裁断附属。

記事を読む

ベルトコンベア付ミシン : Singer 146-53

ベルトコンベア付ミシン : Singer 146-53 / 充填した袋の口縫、二重環縫一本針・粉類、セメント袋、米、麦等の口縫用。146型は、2つの異なった型の裁縫ミシンが頭部に区分され、146-3より146-16か146-1の頭部を用い、押さえ足のよりが5/188インチで、針落差1インチ3/8、薄物または中肉地のものに適する。

記事を読む

自動刺繍ミシン パンタグラフ応用 : Singer 87K1

自動刺繍ミシン パンタグラフ応用 : Singer 87K1 / パンタグラフ(写生機)を応用し、刺繍をなす。速力300。原図より縮小か拡大可能なり。本気は頭文字や花模様、薄い皮革などをミシン機の手前にあるカードより写して縫う。

記事を読む

長い18世紀のイギリス都市 : 1680‐1840

18世紀から19世紀にかけてのイギリス産業革命の影響によって、イギリスの各都市部における産業構造は変化しました。主産業は繊維産業と衣服産業でしたが、これが地域間競争に入り変化したわけです。産業構造の変化によって生き延びた都市も多く、長い18世紀のイギリス都市 は、これを柔軟性という言葉で分かりやすく要約しています。

記事を読む

マドンナ用ドルチェ・アンド・ガッバーナ : 1990年代

マドンナ用ドルチェ・アンド・ガッバーナ : 1990年代 / スパンコールに覆われたプラットフォーム(厚底)は悪男ドルチェ&ガッバーナが悪女マドンナのために特別制作したものです。

記事を読む

オリエンテーションに着ていく服装は?

大学入学前のオリエンテーションには、制服が指定されていなければ、私服でOKです。

記事を読む

銀蓮靴(中国北部、1880-90年代)

纏足靴では珍しい銀蓮靴です。踵の上で蝶が飛び跳ねる仕様です。

記事を読む

金蓮靴(中国、1890年代)

金蓮靴(纏足靴)、中国、1890年代 / Chinese, c. 1890s この引用箇所の文脈が不明ですので断定はできませんが、纏足女性に歩く必要はあったのでしょうか。

記事を読む