新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

モード写真集

モード写真集

ゼブラ柄ワンピース : シフォン素材で軽やかな印象に

ゼブラ柄ワンピース : 繊細なモノトーンのゼブラ柄も透け感のあるシフォン素材で軽やかな印象に。一枚で着るとフェミニンなワンピース。細身のインナーにレギンスを合わせ、コート風にサラリと羽織ればこんなにもこなれた着こなしに。海外セレブ風の着くずしたカジュアルがカッコイイ。
2019.02.14
モード写真集

真夏の夜のシックエレガンス : SHIHO 2007

真夏の夜のシックエレガンス : ドラマティックな真夏の夜には女らしさを極めたシックな着こなしが似合います。艶のある黒、透け感のある黒をベースに、ブロンズやゴールドのアイテムをプラスしたセクシーなスタイル...。開放的なリゾートの夜にふさわしいグラマラスな着こなしを提案します。
2018.11.09
モード写真集

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006 : ウエストに入ったピン・タックは可憐な印象を与えてくれるとともに、腰まわりをすっきりと見せてくれるのがうれしい。麻素材の爽やかな着心地と、清涼感あふれる雰囲気を思う存分楽しんで。
2019.02.14
モード写真集

アメリカン・スリーブ・カットソー, 2006

リゾートのワードローブに加えたい、大胆なリーフ・プリントのギャザー・スカート。ウッド・サンダルなどスパイシーな小物を合わせても。どこかフェミニンな印象に仕上がるのは、ふんわりシルエットのなせるワザ。リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、リーフ柄ギャザー・スカート。
2018.12.30
モード写真集

黒色ダブル・ブラ : ファン・ピンピン

黒色ダブル・ブラ : ファン・ピンピン ハーパース・バザー中国版 通算265号 2011年11月号。黒色ダブル・ブラ : セリーヌ、ズボン : ジョルジオ・アルマーニ、ネックレス : カルティエ、化粧提供 : ロレアル・パリ、カバー・モデル : ファン・ピンピン 范冰冰。
2018.12.30
モード写真集

究極のワンピース, 2006

トレンドに敏感なルボン・ガールから「先シーズンからずっと気になっている」という声があがっていたのが普段使いのワンピース。でも「ワンパターンに陥りがちで…」「なかなかイメージが変えられない…」などの悩みも聞こえてきます。そこで”ルボン“は、スタイリスト、大西真理子さんにアドバイスをお願いし、毎日のワードローブに加えられ、通勤や休日にも活躍する究極のワンピースづくりに取りかかりました!
2019.02.14
モード写真集

スキニー・パンツ the skinny pant “Smart Moves”

the skinny pant : 細瘦長褲 想看起來風采迷人又有效率嗎?試試看Miu Miu這一季合身俐落的剪裁。筆直緊貼曲線的長褲讓雙腿顯得纖細又長、幾何的色塊拼接上衣、無須配戴任何飾品、就已經完美無缺。上衣長褲(Miu Miu)
2018.04.22
モード写真集

金色メッキ・ガウン : ファン・ピンピン

金色メッキ・ガウン : ファン・ピンピン 「ハーパース・バザー中国版」通算265号、2011年11月号。金色メッキ・ドレス : ボッテガ・ヴェネタ、ネックレス、イヤリング、ブレスレット : ソルティエール・カルティエ、化粧品提供 : ロレアル・パリ、カバー・モデル : 范冰冰。
2018.12.30
モード写真集

ウエストギャザー・タンク・ワンピース, 2006

ウエストギャザー・タンク・ワンピース, 2006 : ウエスト部分のギャザーは繊細なディテールを加えるだけでなく、お腹まわりをカバーしてくれる効果もあり。ほどよく厚みのあるジャージー素材だから、ドレープもきれいに。合わせる小物によって、カジュアルにもドレッシーにも着こなせて、さらにシワにもなりにくいので、旅に重宝する1枚です。
2019.02.17
モード写真集

high shine “Smart Moves”

high shine : 高度亮澤感 濕潤的光亮感、讓漆皮帶著性感的味道、這款從1970年代龐克搖滾精神蛻變而來的束饑風衣、成為今年春夏最摩登、嫵媚得令人難以招架的裝扮。束腰風衣(Lanvin by Alber Elbaz)
2019.02.15
モード写真集

ツイード・タンク・ワンピース, 2006

ツイード・タンク・ワンピース, 2006 : ベーシックなシルエットだけど、素材にインパクトをもたせて今年らしく仕上げたワンピース。衿のデザインをボート・ネックにしているので、顔まわりをすっきり見せてくれます。またアーム・ホールのパターンを工夫したので腕がほっそり見えるのもポイント。
2019.02.14
モード写真集

the easy dance dress “Smart Moves” Vogue Taiwan, 2007

the easy dance dress : 輕盈洋装有如空氣般輕盈的設計、心情好像也要隨之飛舞起來。無論哪個年代這種充滿流動感的線條、都讓女性充滿魅力。絲質與雪紡小禮服(Vera Wang)
2018.12.21
モード写真集

パフスリーブ・ワンピース, 2006

パフスリーブ・ワンピース, 2006 / 高めに設定したウエスト切り替えの両サイドにギャザーを施した、フェミニンでかつスタイルアップも狙える1枚。ジャージー素材だからきれベージュいな落ち感があり、体にフィットしながらも、ふんわりしたシルエットを保ちます。
2019.02.14
モード写真集

ティアード・スカート, 2006

ともすればよそゆき感が漂うビジュートップスも。真っ白なコットンのティアード・スカートとならリッチ・カジュアルが完成。胸元のウッド・ビーズと同テイストのバングルやトングを合わせて、ただのカジュアルとは一線を画し、ウッド・ビーズ付きノースリーブ・ニット、レース使いティアード・スカート。
2018.12.30
モード写真集

the accent jacket “Smart Moves” Vogue Taiwan, 2007

the accent jacket : 夾克驚豔 Balenciaga 的設計師 Nicolas Ghesquiere 繼續以他驚人的才華、為時尚創造話題與風潮。今年春夏他以酷到不行的未來感風格、讓大家耳目一新肩線尖銳立體、有塑膠片裝飾的外套、襯衫、背心、金屬感長褲。超大眼鏡(Balenciaga by Nicolas Ghesquiere)
2018.12.21
モード写真集

La robe bainde soleil pour la ville : Saint Laurent Rive Gauche

イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ製のドレスです。街中のサン・ドレス。ローウエストでショートスカート。綿製のドレスに茶色とオレンジ色の細い縞柄のストラップ。サンローラン・リヴ・ゴーシュ(F 520)製。
2019.02.10
モード写真集

long & romantic evening “Smart Moves” Vogue Taiwan, 2007

long & romantic evening : 長而浪漫的夜晚 從古典浪漫的精神取材、設計師讓長禮服的波浪波瀾壯闊、搖曳著唯美的女性風采上身是薄紗的絲質晚禮服(Alexander McQueen)紫色印花露背洋裝、麂皮高跟鞋(Yves Saint Laurent)
2018.12.21
モード写真集

ヘンリーネック・Tシャツ, 2006

カーキのヘンリーネックTシャツの下に、白のリブ・タンクトップをのぞかせた。清潔感のあるレイヤード・スタイル。エスニック調のインパクト・ベルトがアクセントとなって、カジュアルでありながら風格を感じさせる。リブ編みヘンリーネック・カットソー、リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、バミューダ・パンツ。
2018.12.30
モード写真集

白色斜襟ドレス : ファン・ピンピン

白色斜襟ドレス : ファン・ピンピン ハーパース・バザー中国版 通算265号 2011年11月号。白色斜襟ドレス : ランバン、ネックレス、イヤリング、ブレスレット : ソルティエール・カルティエ・ハイジュエリー、化粧提供 : ロレアル・パリ、カバー・モデル : 范冰冰。
2018.12.30
モード写真集

Combinaison pantalon, “Romance Gothique” : ロマンス・ゴシック

Combinaison pantalon en mousseline de soie imprimée d'étoiles dorées, Chanel, sur débardeur en coton et soie, et tour-de-cou en agneau celours, Prada. Pochette «libellules» en python et cuir, Miu Miu. Sac boite en métal et tulle brodé, fermoir «tete de mort», Alexander McQueen. Boucles d'oreilles et collier, Lanvin. Torque, Tom Binns.
2019.02.10
footer-insert.php