Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

モードのコラム

モードのコラム

衣服形態の原初的な類型化 : 衣服形態に即した研究

裁縫工程の有無が衣服形態の原初的な2類型化の基準となります。これを裏側からとらえれば、織物などの布のまま着用すると「1」、裁断縫製して着用すると「2」となります。これで衣服形態の原初的な類型は2分できるといえます。
2018.11.28
モードのコラム

ファッション史研究の問題 : ダメな研究と良い研究

ファッション史研究の問題 : なぜ衣服史研究はダメなのかを説明しています。服は着る物であって作る物ではないかのような扱いを受けてきました。それは日本が欧米より遅れた近代化を土台として、衣服を輸入物として出発したからです。また、従来の裸体や着用衣服が軽視されるようになったからです。
2018.12.10
モードのコラム

アイコン化された旗袍 : 上海発

Iconized QIPAO : Products that make the image of QIPAO appear in Shanghai and other areas increasingly. アイコン化された旗袍 : 民国期旗袍をイメージさせる商品は上海その他の地域で多く見かけます。
2018.11.28
モードのコラム

解剖台上のミシンと傘の偶然の出会いは美しいのか

ロートレアモンの詩に「解剖台のミシンと傘の偶然の出会いのように美しい」。この文章は、フランスを拠点としたシュルレアリスム運動の芸術家たちに好まれ、特に無関係な物同士の偶然の出会いに注目されました。果たしてロートレアモンの言うこれら、解剖台、ミシン、傘は「偶然の出会い」なのでしょうか。
2018.11.18
モードのコラム

繊維製品の原産国表示 : 衣料品関連の法的規制

衣料品などの裏にラベルが付けられている理由は、繊維製品が「家庭用品品質表示法」でいう品質表示の義務を背負っているからです。この法の説く品質表示の方法を具体案が「繊維製品品質表示規程」です。しかし、これらの規定では、 原産国表示 は義務付けられていません。
2018.11.12
モードのコラム

繊維の品質表示 : 衣料品関連の法的規制

私たちの衣料品には必ず裏に品質表示ラベルが貼り付けられています。日本の消費者庁は「繊維製品品質表示規程」第6条(指定用語)が「繊維の名称を示す用語」を別表第5に指定しています。
2018.11.12
モードのコラム

旗袍の変容 : 近代化に関する諸説とその限界

民国期の旗袍は洋服や洋裁技術から影響を受けました。清朝期の旗袍から民国期の旗袍へ変容した点を述べた諸研究の傾向をまとめ、そこから分かる「 旗袍変容の諸説と限界 」を指摘しています。その上で、閉塞的な研究状況を打開する観点を述べています。
2018.11.28
モードのコラム

モードとモデラート : モードが刻む最新の規準とは?

モードと名前の付いた学校や商店は色々あります。どのような形にせよ、モードはそのつど最新の規準を刻みます。このページでは、服飾で最も重要かつ最も漠然としたモード(mode)について、モデラートとの関係から考えています。
2018.11.28
モードのコラム

映像と言語 : 主婦マリナ・ヴラディの日常から

映像と言語がぶつかり合う時代、それが20世紀半ばの欧米地域に生じていたとしたら? マリナ・ヴラディという主婦の日常から映像と言語の関係を考えましょう。
2018.11.28
モードのコラム

モードとファッション : 途上国日本のファッション文化

モードとファッション : このページではフランス語と英語を参照して、モードとファッションの関係を考えています。現代からみて、モードに高級なファッション、ファッションに俗的なファッションを当てはめるのは妥当でしょうか…。21世紀が Mode or Fashion を乗り越えたとしても、Mode and Fashion は未だにカオスにいると思います。結論付けは難しいのですが、皆さんと一緒に考えたいと思います。
2018.11.28
モードのコラム

モードと中国 : ピエール・カルダンの動向

21世紀の幕開けとともに中国の経済発展の結果に目覚ましいものがあったのは周知の通りです。中国のブランド・ビジネスでは一つの動向としてピエール・カルダン(Pierre Cardin)が注目されます。中国の経済発展は順応を超えて買収の動向に向かっています。かつての日本の経済発展よりも遥かに巨大な資本が動いています。
2018.11.28
footer-insert.php