SNSに疲れたらフォーラムへ!

写真批評

写真批評 写真批評

世界中の画像資料からモード関係のフォトとその宣伝文を紹介し批評しています。テーマは3つあります。

  1. 写真紹介…旗袍の出てくる映画・ドラマや、今ではレアとなった雑誌掲載写真やリーフレットなどを幅広く取り上げています。このうち雑誌掲載作品には画像のリード文も紹介し、適時それらの批評も行なっています。
  2. リード文批評です。20世紀の女性向け雑誌の写真を紹介すると同時にそれらに付された広告文章・宣伝文句(リード文)に対して批評をしています。タグに「リード文批評」を付しているので、これを頼りに記事を探されると、さらにまとまった形で記事を読むことができます。
  3. 衣装評論…アンドレ・クレージュピエール・カルダンはじめとするファッション・デザイナーたちの1960年代の作品を中心に紹介し、コメントや説明を付しています。画像と文章をお楽しみください。一部に1920年代・1930年代など他の時代の作品も取り上げます。1960年代のデザイナーたちは衣服の素材から形態まで色々と斬新なものを登場させ元気な印象を与えてくれました。そこには白色がファッションの仲間入りを果たし、ナイロンやPVCがあり、ミニドレスや平底シューズがありました。
写真批評

モノクロームとカラフルを着わける 岩下志麻:婦人画報 1975年1月号

モノクロームとカラフルを着わける 岩下志麻 : 「婦人画報」1975年1月号。1970年代の定形文は贅沢でなくシックで派手さが混ざっているというもの。志麻ちゃんのワードローブの面白さは大胆な柄。最後2点のルームウェアは、布を贅沢に使ったゆとりのある質感です。
2019.03.24
写真批評

AUTUMN BROWN:秋のきもの

この記事に紹介するのは「私のきもの」1960年10月(第59輯)に3頁から6頁にかけて特集された「AUTUMN BROWN : 秋のきもの」の4点です。写真に添えられた文章は適時、分かりやすい表現に直しています。
2019.03.12
写真批評

去年のミニを新しく着るには:婦人画報 1971年1月号

去年のミニを新しく着るには : この特集は「婦人画報」1971年1月号の50頁から55頁までに載っているのです。このページで取り上げたのは50頁のみ。デザインは鈴木宏子、生地提供は銀座ストック商会、カメラは秋元茂によります。
2019.03.14
写真批評

群衆の中の個性の発見 オンワードコート

群衆の中の個性の発見 オンワードコート : 「週刊朝日」1967年10月27日号、49頁。スーツを着本に風になびくコートを羽織り、中折帽子を風で飛ばされるのを押さえています。足元は歩きはじめたところを表現しています。ワイシャツとネクタイ以外は黒色で統一されています。
写真批評

タン・ウェイ 人生とは旅先のこと

タン・ウェイ 人生とは旅先のこと : 「ハーパース・バザー」中国版2011年9月号。この記事はタン・ウェイ(汤唯、湯唯)が「ハーパース・バザー」中国版の2011年9月号に掲載された写真と日本語訳したブランド・クレジットを紹介しています。
2019.03.23
写真批評

ニットコートの着やすさ ロマン・ミナサラ:婦人画報 1973年11月号

ニットコートの着やすさ : いつ頃にニットの水準が上がったのか、1960年代かなと想像するしかできません。この広告を見ると1970年代にはニットのコートが出ていることを知って驚いています。共同開発の素材はカッティングしやすいニット生地だと思います。
2019.03.21
写真批評

レースの晴れ着 ルリ・落合:婦人画報1971年1月号

このページでは「婦人画報」1971年1月号に掲載されたルリ・落合のデザイン作品4点を紹介しています。デザインを担当した落合ルリが書いていると想像します。落合は同時期の他のデザイナーにもまして丁寧に説明してくれるので、今回も期待が高まります。
2019.03.14
写真批評

さわやかウール:カバーモデルは岩下志麻

さわやかウール : 自然素材を着る2。この特集は岩下志麻さんの洋装を4点紹介しています。臨時増刊「マダム」1978年4月号(通算164号)に掲載されました。当時、志麻ちゃんは37歳なので今号の特集「40代からのスタイル集」には少しだけ早い感じ。
2019.03.23
写真批評

パネルプリントのリズミカルな扱い:鳥居ユキ

パネルプリントのリズミカルな扱い : 鳥居ユキ。この写真は「マダム」1978年4月号22頁に掲載されたものです。ユキ・トリヰ(鳥居ユキ)のデザイン。衿元とウエストにギャザーを施し、袖口はパフスリーブを採り入れてゆとりをもたせています。他方でカフスで引き締める対照的な文章です。
2019.03.23
写真批評

森英恵デザインの友禅模様のドレス:婦人画報 1972年9月号

友禅模様のアンサンブル : 森英恵デザイン。このページに紹介するのは森英恵(ハナヱ・モリ)デザインによる友禅模様のドレスです。「婦人画報」1972年9月号の40頁・41頁に紹介されました。カメラは大倉舜二、ヘアスタイルは宮崎定夫。
2019.03.21
写真批評

ファッションのポイント メタリック:婦人画報 1966年11月号

ファッションのポイント メタリック : この写真とエッセイが掲載されたのは「婦人画報」1966年11月号、95頁です。解説は中村乃武夫、モデルは松田和子、撮影は横須賀功光。この写真が白黒で掲載されたことが痛いです。ラメ入りストッキングはおそらくグレー系の色でしょうが、うーん。
2019.03.23
写真批評

森英恵デザインの友禅模様パジャマドレス:婦人画報 1972年9月号

友禅模様のパジャマドレス : 森英恵デザイン。このページに紹介するのは森英恵(ハナヱ・モリ)デザインによる友禅模様のドレスです。「婦人画報」1972年9月号の38頁・39頁に紹介されました。カメラは大倉舜二、ヘアスタイルは宮崎定夫。
2019.03.21
写真批評

森英恵デザインの友禅模様のドレス:婦人画報 1972年9月号

友禅模様のドレス : 森英恵デザイン。このページに紹介するのは森英恵(ハナヱ・モリ)デザインによる友禅模様のドレスです。「婦人画報」1972年9月号の36頁・37頁に紹介されました。カメラは大倉舜二、ヘアスタイルは宮崎定夫。
2019.03.21
写真批評

森英恵デザインのカラフルな春ドレス 岩下志麻:婦人画報 1974年4月号

森英恵のカラフルな春ドレス : これは「婦人画報」1974年4月号の表紙です。これが撮影された時期は映画「卑弥呼」完成後のキャンペーン中。「卑弥呼」で岩下志麻は幻想的な白い衣装と白塗りのメイクアップをしていたので、この表紙撮影ではカラフルにと編集部。
2019.03.21
写真批評

お客さまを迎えるドレス ルリ・落合:婦人画報 1975年1月号

お客さまを迎えるドレス ルリ・落合 : 「婦人画報」1975年1月号。デザイン ルリ・落合、撮影 立木義浩。製作や着用の目安にしやすい丁寧な説明です。先月からしばしば落合の作品を目にしてきて、配色の天才に思えてきました。
2019.03.23
写真批評

シャネルのラメ入りツイード地のスーツ

シャネルのラメ入りツイード地のスーツ。このスーツは1957年か1958年頃にガブリエル・シャネルがデザインした白色のツイード・スーツです。ジャケットとストレート・スカートの両方にトップステッチを施しています。多様なポケットはシャネルのスーツに欠かせません。
2019.03.23
写真批評

「芸能画報」1961年10月号:カバーモデルは岩下志麻

「芸能画報」1961年10月号 : カバーモデル・岩下志麻。岩下志麻のプロフィール記事のうち「その後」で紹介した雑誌カバーです。当時の松竹はメロドラマ路線を復活させるために「あの波の果てまで」に岩下志麻を起用し大ヒット。この作品で松竹の看板女優となりました。
2019.03.21
写真批評

「雪国」を撮り終えた岩下志麻:結婚したら「主婦の友」

「雪国」を撮り終えた岩下志麻 : この写真は「主婦の友」1965年6月号(夏の妊娠号)の表紙に掲載された岩下志麻。浴衣は竺仙、ヘアスタイルと着付は村井八寿子。「雪国」を撮り終えた頃の撮影で、「雪国」駒子のイメージをそのまま着物で撮ってみたいとの志麻ちゃんの希望をかなえた写真。
2019.03.21
写真批評

肌ざわりのよいもめんの服 ルリ・落合:婦人画報 1973年5月号

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年5月号。このページでは「婦人画報」1973年5月号に掲載された大胆な配色のドレスを紹介しています。特集は「東洋紡コットン・コレクション」、カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)によります。
2019.03.14
写真批評

もめん縞のシャツドレス ルリ・落合:婦人画報 1974年4月号

もめん縞のシャツドレス : このページでは「婦人画報」1974年4月号に掲載された木綿縞のシャツドレスを紹介しています。特集は「東洋紡コットン・コレクション」、カメラは芝崎俊雄、デザインはルリ・落合(落合ルリ)、ヘアスタイルは宮崎美容室によります。
2019.03.21
footer-insert.php