メディア批評

写真批評

Robe courte, “Romance Gothique”:ロマンス・ゴシック

Robe courte en cordages de soie et satin scuba, Burberry Prorsum. Top en dentelle de soie, et sac boite tete de morts brodée, Alexander McQueen Ras-de-cou em cristal et strass, et boucles d'oreilles, Lanvin. Torque et ras-de-cou, Tom Binns. Camées sur or faune, Au Vase de Delft et Dary's. Collier chaine en or jaune, Bottega Veneta...
2019.04.17
写真批評

Robe en crepe “Romance Gothique”:ロマンス・ゴシック

Robe en crepe de soie transparente rebrodée de fleurs en perles, Dior par John Galliano. Débardeur en jersey de coton et soie côtelés, et bottes plates en cuir doré, Prada. Boucles d'oreilles, Lanvin Sac boîte, Alexander McQueen. Torque et ras-de-cou, Tom Binns. Camées, Au Vase de Delft. Collier chaîne, Bottega Veneta.
2019.02.10
書籍批評

晶子とシャネル:山田登世子

晶子とシャネル : 本書はフランス文化史の山田登世子が20世紀前半の女性史上で大きな役割を果たした与謝野晶子とガブリエル・シャネルを論じた本です。それぞれの得意とした文学とデザイン、そして彼女たちの人生から戦前の社会史を紐解いています。分量的には晶子の方が1.5倍ほど。その意味ではフランス研究者の日本文学史として新鮮でもありました。
2019.06.18
書籍批評

ココ・シャネルの星座 / 海野弘

ココ・シャネルの星座 : 本書は1920年代パリでのガブリエル・シャネルの交流を捉えた伝記です。雑誌「マリ・クレール」の連載をまとめたものです。当時のパリではパブロ・ピカソ、ジャン・コクトー、ミシア・セール、ルキノ・ヴィスコンティたち芸術家が活躍していました。本書は選ばれた12人の芸術家たちから見たシャネルの評伝です。
2019.03.23
書籍批評

ココ・シャネル その寂しさ:クロード・ドレ

精神分析家の著者らしくシャネルとの交流を通じて彼女の内面に入っていきます。類書の中で特徴づけるとすれば≪シャネルを通じた戦前文化史≫といったところでしょうか。
2019.03.23
書籍批評

シャネルの警告 永遠のスタイル / 渡辺みどり

本書はガブリエル・シャネルの伝記で、類書よりもかなり簡潔に記したものです。本書の意図は21世紀を担う人々にファッション・デザイナーや実業家として珍しい成功をおさめたシャネルを学んでほしいという願いにこめられています。
2019.03.23
書籍批評

ココ・シャネル 悲劇の愛 / ソフィ・トゥルバック

ココ・シャネル 悲劇の愛 : 本書はガブリエル・シャネルの青春時代に絞った伝記風の小説です。類書の伝記はシャネルの生涯全体を捉えようとするものが多いのですが、本書はタブーや謎とされて来た若き日々のシャネルを詳しく小説として描いています。中でも特にフランス人将校のエチエンヌ・バルサンやイギリス人実業家のアーサー・カペルとの恋愛を瑞々しく描いています。
2019.03.23
書籍批評

シャネル ザ・ファッション / エドモンド・シャルル=ルー

これまで出版されていた類書、たとえばマルセル・ヘードリッヒ「ココ・シャネルの秘密」やポール・モラン「獅子座の女シャネル」を超えてシャネルの真実にギリギリの所まで迫ろうとした意欲作です。
2019.03.23
書籍批評

ファッションデザイナー ココ・シャネル:実川元子

ファッションデザイナー ココ・シャネル : 本書はシャネルを描いた伝記で、彼女が着やすく軽快でシンプルな服を作ったのは女性たちの身体だけでなく心までも解放したという観点に立っています。そして、シャネルの人生を知ることで、ファッション・デザイナーがダイナミックで創造的な活動をしている点を分かりやすく説明しています。
2019.03.23
書籍批評

ココ・シャネルの秘密 / マルセル・ヘードリッヒ

ココ・シャネルの秘密 : 本書はシャネル晩年のインタビューをもとに記した伝記です。著者のマルセル・ヘードリッヒはサムディ・ソワール誌発刊、パリ・プレス紙記者、マリ・クレール誌編集長などを歴任したジャーナリスト・小説家です。訳者の山中啓子は元「エル・ジャポン」パリ支局長を務めたジャーナリスト、エッセイスト。
2019.03.23
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php