SNSに疲れたらフォーラムへ!

メディア批評

書籍批評

ソニア・リキエルのパリ散歩 ~パリと知性へのリスペクト

サン・ジェルマンへのソニアの愛は知性の集まる場所だという根拠がわかります。現代のガブリエル・シャネルと呼ばれる所以は知名度よりも、知性をリスペクとするこの思いが一致しているからかと思います。
2019.03.23
写真批評

グリーティング切手 ファッション 2018年版

切手は全て82円。両サイドの円形切手が4枚に、真ん中の6枚が四角形。合計で82円×10枚=820円。裏を見ますと家具風にデザインされていて、こちら側から切手を閉じて「収納」できるようになっています。
2019.02.14
書籍批評

きもの自在:話し手 鶴見和子 / 聞き手 藤本和子

年齢を重ねることは、衣食住の生活の隅々に人々との出会いの物語が豊富に重なっていくことです。鶴見さんは藤本さんとの対談をつうじて、着物のの暮らしのなかで人とのデイあの物語の一端を語ります。
2019.03.23
写真批評

キャット・ウーマンの衣装:ミシェル猫とハル猫の比較

キャット・ウーマンの魅力は夜に活動する怪しい雰囲気にあります。バットマンと共演するバージョンでは彼とくっついたり離れたり、人間関係(あるいは動物関係)も映画の味を出しています。ミシェル・ファイファーとハル・ベリーがキャット・ウーマンの衣装はどんなものかを探ります。
2019.03.23
写真批評

女性の多くは成熟した女性に憧れる:マギー・チャン

ある人が尋ねました、「どのようにすれば女性はあなたのようになれますか?」名前、趣味、結婚、愛、そして自由がそれを全て説明します。男性のために、エレガントで成熟したマギー・チャンを賞賛し、その女性性を賞賛することは男性の心理的年齢の流域です。
2019.03.17
写真批評

ジラフ柄ラップ・ワンピース, 2006

ジラフ柄ラップ・ワンピース, 2006 : オリジナルのジラフ・プリント・ワンピースが大人っぽい、トレンドのラップ・ワンピース。インパクトの強い柄も、カーディガンやジャケットなどをはおれば、通勤でも十分対応可能。五分袖なので、二の腕がカバーできるのもうれしい。
2019.02.14
写真批評

ベルト付きシャツ・ワンピース, 2006

ベルト付きシャツ・ワンピース, 2006 / 堅いイメージのあるシャツ・ワンピースに、パッチ・ポケットをつけて今年らしいサファリテイに仕上げました。上下に同系色のグログラン・リボンをたたきつけたベルトがアクセントとなって、まじめに見えがちなシャツタイプに表情を与えてくれます。
2019.03.24
写真批評

シルバーステッチプルオーバー:Shiho 2007

落ち感のあるジャージー素材のチュニックは、白の光沢パンツを合わせて爽快に着こなしてあえて足元はトングを合わせて、カジュアルに着崩せば "肩の力が抜けてよりこなれた印象に。
2019.03.24
写真批評

カットワークレースジャケット:Shiho 2007

カットワークレースジャケット : 足元に抜け感のある細身のクロップドパンツが、ショート丈ジャケットのスクエアなシルエットと絶妙なバランス。ワンピースやハーフパンツにも合う丈が重宝します。レースジャケットの繊細さを壊さないようあえて胸元のアクセサリーはシンプルに。
2019.03.23
写真批評

シャイニーノースリーブブラウス:Shiho 2007

シャイニーノースリーブブラウス : 夏の焼けた肌をセクシーに演出するシャイニーなサテンブラウスボトムはシンプルな黒パンツを選んで。華やかなコーディネートを引き締めて手持ちのカーディガンやジャケットのインに合わせれば今年らしい艶やかな着こなしに。
2019.03.21
写真批評

ラメ入りボレロニット:Shiho 2007

ラメ入りボレロニット : 昼間は一枚でカジュアルに着こなしたバルーンジャージーワンピースも、夕暮れのレストランに出かけるなら深みのあるブロンズのボレロをサッと羽織って優雅な気分に浸りたいインパクトのあるゴールドのネックレスを加えればコーディネートがより華やぎます。
2019.03.21
写真批評

シフォンドレーププルオーバー:Shiho 2007

シフォンドレーププルオーバー : 透けブラウス×シンプルな白パンツの洗練スタイルは、大ぶりネックレスで存在感をプラス。ブラウスはインナー付きで、透け具合も気にならない。程よくドレープを寄せた袖に、シルバーのブレスレットを合わせてスタイリッシュに仕上げて。
2019.03.24
写真批評

ジャカードラップワンピース:Shiho 2007

ジャカードラップワンピース : 一見派手に見えがちな大胆な柄も、モノーン配色×タイトラインのスッキリとしたシルエットならクールな印象に露出した肌に自系アクセサリを添えれば、夏らしい爽快な装いが完成します。胸元の開きが気になるときは、キャミをインに着れば安心。
2019.02.14
写真批評

ゼブラ柄ワンピース:シフォン素材で軽やかな印象に

ゼブラ柄ワンピース : 繊細なモノトーンのゼブラ柄も透け感のあるシフォン素材で軽やかな印象に。一枚で着るとフェミニンなワンピース。細身のインナーにレギンスを合わせ、コート風にサラリと羽織ればこんなにもこなれた着こなしに。海外セレブ風の着くずしたカジュアルがカッコイイ。
2019.02.14
写真批評

真夏の夜のシックエレガンス :SHIHO 2007

真夏の夜のシックエレガンス : ドラマティックな真夏の夜には女らしさを極めたシックな着こなしが似合います。艶のある黒、透け感のある黒をベースに、ブロンズやゴールドのアイテムをプラスしたセクシーなスタイル...。開放的なリゾートの夜にふさわしいグラマラスな着こなしを提案します。
2018.11.09
写真批評

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006 : ウエストに入ったピン・タックは可憐な印象を与えてくれるとともに、腰まわりをすっきりと見せてくれるのがうれしい。麻素材の爽やかな着心地と、清涼感あふれる雰囲気を思う存分楽しんで。
2019.02.14
写真批評

アメリカン・スリーブ・カットソー, 2006

リゾートのワードローブに加えたい、大胆なリーフ・プリントのギャザー・スカート。ウッド・サンダルなどスパイシーな小物を合わせても。どこかフェミニンな印象に仕上がるのは、ふんわりシルエットのなせるワザ。リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、リーフ柄ギャザー・スカート。
2019.03.21
写真批評

黒色ダブル・ブラ:ファン・ピンピン

黒色ダブル・ブラ : ファン・ピンピン ハーパース・バザー中国版 通算265号 2011年11月号。黒色ダブル・ブラ : セリーヌ、ズボン : ジョルジオ・アルマーニ、ネックレス : カルティエ、化粧提供 : ロレアル・パリ、カバー・モデル : ファン・ピンピン 范冰冰。
2018.12.30
写真批評

究極のワンピース, 2006

トレンドに敏感なルボン・ガールから「先シーズンからずっと気になっている」という声があがっていたのが普段使いのワンピース。でも「ワンパターンに陥りがちで…」「なかなかイメージが変えられない…」などの悩みも聞こえてきます。そこで”ルボン“は、スタイリスト、大西真理子さんにアドバイスをお願いし、毎日のワードローブに加えられ、通勤や休日にも活躍する究極のワンピースづくりに取りかかりました!
2019.02.14
写真批評

スキニー・パンツ the skinny pant “Smart Moves”

the skinny pant : 細瘦長褲 想看起來風采迷人又有效率嗎?試試看Miu Miu這一季合身俐落的剪裁。筆直緊貼曲線的長褲讓雙腿顯得纖細又長、幾何的色塊拼接上衣、無須配戴任何飾品、就已經完美無缺。上衣長褲(Miu Miu)
2018.04.22
footer-insert.php