小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

メディア批評

写真批評

シルバーステッチプルオーバー:Shiho 2007

落ち感のあるジャージー素材のチュニックは、白の光沢パンツを合わせて爽快に着こなしてあえて足元はトングを合わせて、カジュアルに着崩せば "肩の力が抜けてよりこなれた印象に。
2020.12.25
写真批評

カットワークレースジャケット:Shiho 2007

足元に抜け感のある細身のクロップドパンツが、ショート丈ジャケットのスクエアなシルエットと絶妙なバランス。ワンピースやハーフパンツにも合う丈が重宝します。レースジャケットの繊細さを壊さないようあえて胸元のアクセサリーはシンプルに。
2019.04.17
写真批評

シャイニーノースリーブブラウス:Shiho 2007

シャイニーノースリーブブラウス : 夏の焼けた肌をセクシーに演出するシャイニーなサテンブラウスボトムはシンプルな黒パンツを選んで。華やかなコーディネートを引き締めて手持ちのカーディガンやジャケットのインに合わせれば今年らしい艶やかな着こなしに。
2019.04.17
写真批評

ラメ入ボレロニットとバルーン・シルエットのワンピース

昼間は一枚でカジュアルに着こなしたバルーンジャージーワンピースも、夕暮れのレストランに出かけるなら深みのあるブロンズのボレロをサッと羽織って優雅な気分に浸りたいインパクトのあるゴールドのネックレスを加えればコーディネートがより華やぎます。
2019.05.01
写真批評

シフォンドレーププルオーバー:Shiho 2007

透けブラウス×シンプルな白パンツの洗練スタイルは、大ぶりネックレスで存在感をプラス。ブラウスはインナー付きで、透け具合も気にならない。程よくドレープを寄せた袖に、シルバーのブレスレットを合わせてスタイリッシュに仕上げて。
2020.12.25
写真批評

ジャカードラップワンピース:Shiho 2007

一見派手に見えがちな大胆な柄も、モノーン配色×タイトラインのスッキリとしたシルエットならクールな印象に露出した肌に自系アクセサリを添えれば、夏らしい爽快な装いが完成します。胸元の開きが気になるときは、キャミをインに着れば安心。
2019.04.17
写真批評

ゼブラ柄ワンピース:シフォン素材で軽やかな印象に

ゼブラ柄ワンピース : 繊細なモノトーンのゼブラ柄も透け感のあるシフォン素材で軽やかな印象に。一枚で着るとフェミニンなワンピース。細身のインナーにレギンスを合わせ、コート風にサラリと羽織ればこんなにもこなれた着こなしに。海外セレブ風の着くずしたカジュアルがカッコイイ。
2019.04.17
写真批評

真夏の夜のシックエレガンス :SHIHO 2007

真夏の夜のシックエレガンス : ドラマティックな真夏の夜には女らしさを極めたシックな着こなしが似合います。艶のある黒、透け感のある黒をベースに、ブロンズやゴールドのアイテムをプラスしたセクシーなスタイル...。開放的なリゾートの夜にふさわしいグラマラスな着こなしを提案します。
2019.04.17
写真批評

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006 : ウエストに入ったピン・タックは可憐な印象を与えてくれるとともに、腰まわりをすっきりと見せてくれるのがうれしい。麻素材の爽やかな着心地と、清涼感あふれる雰囲気を思う存分楽しんで。
2019.04.17
写真批評

アメリカンスリーブ・カットソー, 2006

リゾートのワードローブに加えたい、大胆なリーフ・プリントのギャザー・スカート。ウッド・サンダルなどスパイシーな小物を合わせても。どこかフェミニンな印象に仕上がるのは、ふんわりシルエットのなせるワザ。リブ編みアメリカン・スリーブ・カットソー、リーフ柄ギャザー・スカート。
2019.04.17
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php