秋コーデに欠かせないデニムジャケット特集

メディア批評

映画批評

グランドマスター(王家衛の映画):概要・カンフーの意味・旗袍

グランドマスター : この映画は現実のカンフー(葉問)が映画のカンフー(李小龍)に転換する時代を描いた作品です。一つの時代が終わったことを感じました。周知のように、この映画は、ブルース・リー(李小龍)の実際の師匠だったイップ・マン(葉問)を取り巻く、厳しい時代の中国カンフー史(功夫史)が題材です。極寒でも映像は熱いです。雪が綺麗でした。
2019.09.10
写真批評

春夏秋冬 重生:フェイ・ウォン(王菲)

春夏秋冬 重生 : フェイ・ウォン / Faye Wong in Harper's Bazaar, China, 2011.10 / フェイ・ウォン 『ハーパース・バザー』中国版、2011年10月号。撮影:陳漫(Studio6)、化粧:Zing@ZING the makeup school、髪型:Vic Kwan@ii hair & nail
2019.03.23
書籍批評

苧麻・絹・木綿の社会史 「新・木綿以前のこと」を加筆

本書は、いつどのように苧麻・絹・木綿が栽培され、利用されていったかを文献史料と類推から述べたものです。古代・中世・近世の衣料原料の生産と、それをめぐる政治・社会経済的関係を考察した研究はありません。本書は、その盲点を系統的に、歴史展開の筋道として見通すことを目的にしています。
2019.03.04
映画批評

バック・ダンサー イレブンプレイの衣装(2):星野源「恋」

星野源「恋」のプロモーション・ビデオに登場するバック・ダンサー「イレブンプレイ」の衣装を取り上げました。今回はダーツやボタンなどなど、イレブンプレイ のバック・ダンサー4名の衣装にみる技術的な話を簡単にします。
2019.04.17
写真批評

ラオミャオジュエリー:マギー・チャン PLATINUM

ラオミャオジュエリー : 2005年11月、上海へよく行っていた時期に宝石店で頂いたパンフレットを紹介します。当時に行った南京東路ではマギー・チャンの写ったラオミャオジュエリー店の巨大壁広告が目立ちました。
2019.03.17
映画批評

出演女優別にみた映画「グランドマスター」の旗袍

今日は2013年公開、王家衛監督の「一代宗師」(グランドマスター)の中の旗袍(チャイナドレス)を紹介します。 グランドマスターの旗袍 はかなり丁寧に正確に作られています。映画の時代背景は1940年代の上海・香港。
2019.04.17
書籍批評

デニム・バイブル:グラハム・マーシュほか

デニム・バイブル : 本書はデニム・パンツ(ジーンズ)の歴史を述べた本です。章冒頭に時代背景の説明、本文の多数の写真に簡潔な説明があります。
2019.07.20
書籍批評

モード・イン・ハリウッド:映画衣装の入門書として最適

『モード・イン・ハリウッド』は、ハリウッド映画と衣装の見えないドラマを掘り起こして、ファッション業界誌「繊研新聞」にサタデー・スペシャルとして連載を続けている一部をまとめた本です。映画のクレジットにデザイナー名は出てきますが、きちんと映画を論じた批評や評論に服飾を焦点にしたものはほとんどありません。映画と衣装の関係を知りたい場合、この本から出発するのがお勧めです。
2019.03.23
写真批評

アンドレ・クレージュのメリー・ジェーン・シューズ

メリー・ジェーン・シューズ : アンドレ・クレージュは最初の既製服ファッション・デザイナー(衣服設計師)の一人で、その名は履物にも及びます。この平坦なメリー・ジェーン・シューズ(Mary Jane Shoe)は、パンチの効いた色と大袈裟な正方形状の爪先・舌皮をもち、クレージュの未来的衣装の完全な付属物でした。
2019.04.17
書籍批評

グレタ・ガルボ マレーネ・ディートリッヒ:世紀の伝説 きらめく不滅の妖星

1930年代のハリウッド映画で人気を二分したグレタ・ガルボとマレーネ・ディートリッの経歴、作品解説、評論、出演場面を収めています。映画場面の写真が多く、合間を縫って経歴や作品解説や評論がひしめき合っています。かなり凝集度の高い出来栄えで、彼女たちのファンはぜひ持っておきたい一冊です。
2019.03.23
写真批評

グレタ・ガルボのウジェニー・ハット

グレタ・ガルボのウジェニー・ハット : ガルボの映画は第3作『肉体と悪魔』(1927年)でヒットしました。その後『ロマンス』でガルボ・ハットと呼ばれる帽子のイメージが定着しました。『ロマンス』上映後、世界中でグレタ・ガルボのウジェニー・ハットが流行したと言われています。
2019.03.30
書籍批評

フィルム・スタディーズ事典 映画・映像用語のすべて

フィルム・スタディーズ事典は、映画・映像に関する用語・人名・作品名を収録した用語事典です。映画産業と映画研究の両方で専門用語が発達しすぎたため、本書は入門的参考書をめざして分かりやすく説明されています。入門書を目指しているので読みやすさは抜群です。
2019.03.23
書籍批評

映画の教科書 どのように映画を読むか

映画の教科書 : 著者ジェイムズ・モナコは、これまで見落とされやすかった映画産業と、その背景となる社会政治面にも言及できる珍しい研究者。非常に複雑な技術を要する映画を位置も簡単に説明し、それでいて各映画作品のもつ醍醐味や時代的位置づけも的を得ていて、バランスが良いと感服しました。
2019.03.23
映画批評

バック・ダンサー イレブンプレイの衣装:星野源「恋」

星野源「恋」のプロモーション・ビデオに出ているバック・ダンサー「イレブンプレイ」(ELEVENPLAY)の衣装が可愛くて、私の教え子が「いつ頃の?」と気になっていました。彼女の意見や感想を聞きながら調べてみました。キーパーソンはヘプバーン。
2019.04.17
書籍批評

Shoes:A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More

19世紀・20世紀に制作され利用もされた靴の図録です。1~3足の靴ごとに1頁の簡単な説明が付されていて、靴の素材、形態、社会状況を知ることができます。
2019.04.01
書籍批評

日本映画女優史:これだけで20世紀を鳥瞰できる

日本映画女優史 : 1910年代半ばの女形の時代から60年代半ばのポルノの登場まで、約半世紀の日本映画に出演した女優たちを紹介しています。構成を見ますと、前半は日本映画女優史フォトアルバム(約160頁)、後半は文章中心の日本映画女優史(写真は1頁1点ほど)が約70頁、最後に主要映画女優名鑑が約30頁です。分量的にこれ一冊で戦前・戦後の映画女優史を鳥瞰できます。
2019.03.23
写真批評

グレタ・ガルボの顔:彫刻の顔と観念の顔

グレタ・ガルボの顔 : ロラン・バルト「ガルボの顔」(篠沢秀夫訳)を転載しています。グレタ・ガルボの冷徹で石膏のような顔について、称賛に満たされたエッセイをフランスの哲学者ロラン・バルトが論じています。たまに彼は同時代頃の女優やファッション・デザイナー(衣服設計師)を述べることがあり関心の面白い学者です。
2019.03.22
写真批評

恍惚対世界 笔直対自己:フェイ・ウォン(王菲)

恍惚対世界 笔直対自己 : 王菲 Faye Wong in Harper's Bazaar, China, 2011.10. フェイ・ウォン、『ハーパース・バザー』中国版、2011年10月号。撮影 : 陳漫(Studio6)、化粧 : Zing@ZING the makeup school、髪型 : Vic Kwan@ii hair & nail、Stylist: Lucia Liu
2019.04.17
書籍批評

服飾の歴史をたどる世界地図:意外なルーツと変遷とは?

本書を読めば、着物とチマ・チョゴリの関係や、チャイナドレスがアオザイに与えた影響、ファッション先進地としてのオリエント地方、スカート文化圏とズボン文化圏の分布などの興味深い話が活き活きと伝わってきます。
2019.03.23
書籍批評

Elegant French Fashions of the Late Nineteenth Century

Elegant French Fashions of the Late Nineteenth Century : 本書はイラスト集です。19世紀後半に最も人気のあったフランスのファッション定期刊行物「La Mode Illustree」から、1886年に女性の同時代衣装を細かく描いた絵が51点集められています。
2019.04.10
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php