メディア批評

書籍批評

獅子座の女シャネル:ポール・モラン 秦早穂子訳

本書はフランスの小説家・外交官であったポール・モランの遺作で、直接会話した内容がたくさん入れられているのでシャネルの生き方や考え方がかなり明確に出ています。
2019.03.23
書籍批評

シャネル 20世紀のスタイル / 秦早穂子

本書はフランス文化関係の本をたくさん翻訳してきた秦早穂子自身が書いたシャネルの伝記です。シャネルの伝記だけでも2冊を訳しています。ポール・モランとエドモンド・シャルル・ルーの書いた伝記を訳していくうちに、著者はシャネルの虜になったと言います。
2019.03.23
書籍批評

シャネル スタイルと人生 / ジャネット・ウォラク

シャネル スタイルと人生 : 本書はガブリエル・シャネルの伝記で、彼女が生んだファッション・スタイルや生涯そのものを讃えています。著者のジャネット・ウォラク(Janet Wallach)はニューヨーク市でファッション・ディレクターを歴任した経験があります。訳者の中野香織は「性とスーツ」で有名なファッション史家。
2019.03.23
書籍批評

Chanel:The Couturiere at Work

本書はガブリエル・シャネルのデザインした衣服を時系列に追った作品の歴史です。写真は半分がガブリエル本人の着用写真、半分が他の人々の着用写真。イラストも少し載っています。写真・イラストは1頁あたり1~2点。画像資料の多さに負けずたくさん説明があり解説が鋭いです(後述)。英語なのでちょっとしんどいですがお勧めです。
2019.03.23
書籍批評

モダンガールの肖像 1920年代を彩った女たち

モダンガールの肖像 1920年代を彩った女たち : 本書は1920年代に芸術系・ファッション系の各界で活躍した著名な女性たちに焦点を当てた時代描写です。取り上げられている人物は、イサドラ・ダンカン、ガブリエル・シャネル、コレット(Gigi の原作者)、ガートルード・ローレンス、ジョセフィン・ベーカー、ウォリス・シンプソン、グレタ・ガルボら。
2019.03.23
写真批評

ベルリン・モード:1990年代のポスト・カード

ベルリン・モード : ドイツ歴史博物館(Deutsches Historisches Museum、外部リンク、英語版もあり)で販売されていた、映画の広告ポスターなどの絵はがきを6点紹介しています。19世紀後半から20世紀中頃のドイツの都市状況やモードシーンの一端を垣間見ることができます。
2019.02.15
写真批評

Débardeur et pantalon, “Romance Gothique”:ロマンス・ゴシック

Débardeur et pantalon en jersey de coton et soie côtelés, tour-de-cou en agneau velours, et bottes plates en agneau velours et cuir dort, Prada. Top en dentelle de soie, Alexander McQueen. Sac boite en lesara. Balenciaga par Nicolas Ghesquière. Boucles d'oreilles, Lanvin. Torque et ras-de-cou, Tom Binns. Camée sur or jaune, Dary's.
2019.02.10
写真批評

白色パフスリーブのハイウェスト・ワンピース:ファン・ピンピン

白色パフスリーブのハイウェスト・ワンピース : ファン・ピンピン。ロフィシェル 第166号 2006年7月号。白色袖フラット・ウエスト・ドレス(レインボー・スタジオ)、ファッション・エディター:シャオ・フイ、写真:チェン・マン、チャン・タン、メイク:トン・ティエン。
2019.03.21
写真批評

シャネルの三色イブニング・ドレス:1938-1939年

シャネルの三色イヴニング・ドレス : 第2次世界大戦勃発前のシャネル最後のショーに登場しました。このドレスは夏向けに設計されたものでしょう。
2019.03.23
書籍批評

麻と綿が紡ぐイギリス産業革命:アイルランド・リネン業と大西洋市場

広く知られるようにイギリス産業革命は綿糸生産と綿織物生産を促進する機械の開発から始まりました。それでは毛織物業と麻織物業はイギリス内部でどのように変動したのでしょうか。それを本書はアイルランド・リネン業から紐解きます。
2019.03.23
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php