小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ワンピースドレス

ワンピースドレス

成人式の日 きもの12ヵ月:「ドレスメーキング」1966年1月号

この写真と文章は「ドレスメーキング」鎌倉書房、1966年1月号、178・179頁に掲載されたものです。成人式の日のオススメ着物をテーマにした文章になっていて、袖丈の大きい中振袖と気軽に着れる訪問着の2種が大きく取り上げられています。
ワンピースドレス

意外な色を組みあわせたドレス:ルリ・落合

このページでは「婦人画報」1966年11月号に掲載されたパッチワーク風のドレスを紹介しています。副題は「カラー・コーディネート」、デザインは落合ルリによります。大胆な配色に目を奪われました。1960年代は何を見てもやっぱり可愛いなぁと思いました。
ワンピースドレス

ウールの着物 シルクウールの流行と周辺

このページでは「婦人画報」1973年2月号をもとにウール着物の普及と当時の着物事情を紹介しています。既に当時は日本の絹織物産地がほぼ解体し、着物の着用者が減っていたため、外国文化に言及しなければ着物を語ることが難しくなっていたことがわかります。
ワンピースドレス

友禅のきもの 京友禅:岩下志麻

このページでは『婦人画報』1972年9月号から、京友禅を着た岩下志麻さんの写真2点を紹介しています。1枚目は柄の配置と帯の亀甲形が大胆で格好いいと思いました。2枚目は座っていることも関係してややラフな感じ。
ワンピースドレス

サンローラン・リヴゴーシュのサン・ドレス(1976年)

イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ製のドレスです。街中のサン・ドレス。ローウエストでショートスカート。綿製のドレスに茶色とオレンジ色の細い縞柄のストラップ。サンローラン・リヴ・ゴーシュ(F 520)製。
ワンピースドレス

アンドレ・クレージュのミニドレス

このミニドレスはアンドレ・クレージュが1966年にデザインしたものです。2018年3月20日現在、1960年代・1970年代(革命の時代)の衣装としてゴーゴー・ブーツとともに展示されています。展示情報を教えて下さった同志社大学の学生に感謝します。
ワンピースドレス

アントニオ・カスティーヨのイブニング・ドレス

このイヴニング・ドレスはアントニオ・カスティーヨがランバン・カスティーヨ用にデザインしたジブライン地(けばの長い厚地織物)ドレス。ジブライン生地はスタロン社製。1957年・パリ製。英国ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム所蔵。
ワンピースドレス

モンドリアン・ドレス(1965年):イヴ・サンローラン

モンドリアン・ドレスはイヴ・サンローランが1965年に発表したドレスです。このドレスは画家から着装を得たのでモンドリアン・ドレスと呼ばれます。『ヴォーグ』フランス版1965年9月号の表紙に掲載されました。このページでは作品を批評しています。
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php