モード史を学ぶマストブック10冊

批判と理論

批判と理論 批判と理論

ファッション用語批判とモード理論を書いています。

  1. ファッション用語批判:ファッション用語集と辞書分析を兼ねています。衣装の個別アイテム(ファッション・アイテム)を丁寧に分かりやすく説明し、ついでに従来のファッション用語にみられる解説を批評しています。
  2. モード理論:モードの意味や時代基準など、当サイトの核となる記事を集めています。モードは新基準となる衣装や流行の意味と、それらが定着する意味をもっています。他方で品質表示という長期間蓄積された法的規制を受けています。ここに集めた記事は新しさと古さに矛盾したモードを色々と考えています。
批判と理論

15年前のある秋の日:ルリ・落合

ルリ・落合さんのお顔をはじめて拝見して、ゆったりと落ち着いた方だと思いました。このエッセイを読んで、ルリ・落合が舞台衣裳のデザインに注力を注いできたことが分かりました。また婦人画報の歴史も少し垣間見れました。
2019.06.29
批判と理論

衣服形態の基本類型:優れた研究類の紹介を兼ねて

裁縫工程の有無が衣服形態の原初的な2類型化の基準となります。これを裏側からとらえれば、織物などの布のまま着用すると「1」、裁断縫製して着用すると「2」となります。これで衣服形態の原初的な類型は2分できるといえます。
2019.06.23
批判と理論

アパレル apparel:言葉の解説と辞典の誤解

アパレル apparel は英語の古語で、衣服や衣類を意味し、紳士服、婦人服、子供服の総称です。広義では靴やアクセサリーを含みます。アパレルに既製服の意味を持たせるのは間違っています。
2019.06.23
批判と理論

ファッション史研究の問題:ダメな研究と良い研究の見分け方

ファッション史研究(衣服史研究や服飾史研究など)は消費に注目し生産を無視する傾向があります。このページでは、なぜ衣服史研究はダメ(駄目)なのかについて理由を述べ、ダメな研究と良い研究の見分け方を説明しています。
2019.06.09
批判と理論

ニュー・キモノを衣服的根拠と経済的根拠から位置づける

ニュー・キモノ : 新たな発想で制作された現代和服の総称です。20世紀を通じて極端にフォーマル化された着物とは異なる商品戦略の上にニュー・キモノは成立しています。
2019.06.23
批判と理論

繊維製品の原産国表示:衣料品関連の法的規制

衣料品などの裏にラベルが付けられている理由は、繊維製品が「家庭用品品質表示法」でいう品質表示の義務を背負っているからです。この法の説く品質表示の方法を具体案が「繊維製品品質表示規程」です。しかし、これらの規定では、 原産国表示 は義務付けられていません。
2019.03.23
批判と理論

繊維の品質表示:衣料品関連の法的規制

私たちの衣料品には必ず裏に品質表示ラベルが貼り付けられています。日本の消費者庁は「繊維製品品質表示規程」第6条(指定用語)が「繊維の名称を示す用語」を別表第5に指定しています。
2019.03.23
批判と理論

キモノ・スリーブ:日本で着物の袖と勘違いされた背景

キモノ・スリーブ kimono sleeve は分かりにくいファッション用語の一つです。日本の服飾文化が西洋を基準に形成されてきたことは広く知られる通りですが、それが用語上の大きな問題を誘発しています。そもそも袖は日本のファッション用語・服飾用語で最も混乱している一つです。 ここではキモノ・スリーブの日本での誤用をはじめ、キモノ・スリーブを取り巻くファッション用語を整理します。
2019.07.01
批判と理論

モードはモデラートをどう見るか:モードが刻む最新基準

モードと名前の付いた学校や商店は色々あります。どのような形にせよ、モードはそのつど最新の規準を刻みます。このページでは、服飾で最も重要かつ最も漠然としたモード(mode)について、モデラートとの関係から考えています。
2019.06.23
批判と理論

主婦ジュリエットの日常から映像と言語の関係を考える

映像と言語がぶつかり合う時代、それが20世紀半ばの欧米地域に生じていたとしたら? マリナ・ヴラディという主婦の日常から映像と言語の関係を考えましょう。
2019.06.23
批判と理論

モードとファッションの関係:辞書や映画から途上国日本の文化を考える

モードとファッション : このページではフランス語と英語を参照して、モードとファッションの関係を考えています。現代からみて、モードに高級なファッション、ファッションに俗的なファッションを当てはめるのは妥当でしょうか…。21世紀が Mode or Fashion を乗り越えたとしても、Mode and Fashion は未だにカオスにいると思います。結論付けは難しいのですが、皆さんと一緒に考えたいと思います。
2019.06.23
批判と理論

モードと中国:ピエール・カルダンの動向

21世紀の幕開けとともに中国の経済発展の結果に目覚ましいものがあったのは周知の通りです。中国のブランド・ビジネスでは一つの動向としてピエール・カルダン(Pierre Cardin)が注目されます。中国の経済発展は順応を超えて買収の動向に向かっています。かつての日本の経済発展よりも遥かに巨大な資本が動いています。
2019.04.03
批判と理論

普通袖:奇妙なファッション用語の意味

普通袖 : 英語のset-in sleeveの訳語です。set-in sleeveは、布を身頃部分と袖部分に裁断した後に縫合した袖や技術を指します。日本語では袖付けや袖縫い、中国語では接袖や装袖といいます。普通袖とは洋裁を基準とした「普通」です。
2019.06.29
批判と理論

スリーブ(袖):辞書分析からみた意味と基本的な種類

袖は日本のファッション用語で最も混乱している言葉の一つです。このページでは辞書類の説明を元に基本形(接袖、セットイン・スリーブ)、対立形(連袖)、折衷形(ラグラン・スリーブ)と区分した上で、袖についてまとめています。
2019.06.23
footer-insert.php