ボタン : button

ボタン : button

ボタン

ボタン button とは衣服などの開きを留めるか装飾する目的でつけられた小片です。衣服に縫われた穴(Button Hole)やループ(Loop)を通して留めます。英語で button、仏語でbouton、漢字で釦。語源は古代ゲルマン語のbotonとも古代ラテン語のbottareと もいわれます。日本語のボタンはポルトガル語のbotaoからで、漢字の釦は当て字です。

ヨーロッパの ボタン

ヨーロッパでボタンが利用されたのは、東洋から蜻蛉玉薊に似た蜻蛉玉(瑠璃玉)が伝来した13世紀以降のことで、それ以前は紐かブローチ(brooch)が使われていました。この点を詳しく述べた服飾辞典がありません。とりあえず、既に隋・唐の時代に中国ではガラス工芸が非常に発達しており、玻璃と呼ばれ、後代に玻璃硝子または火齊珠と呼ばれるようになりました( 南方熊楠『続南方随筆』岡書院、1926年、5頁)。

中世ヨーロッパでは地位表示(社会的威信)の ためにボタンの装飾に凝られたと言われますが貴族層も特に男性の話。庶民層は紐で結んでいたと推測されます。女性がボタンを利用し始めたのは、テーラード・スーツの普及し始めた19世紀末のことです。この頃、金、銀、象牙、宝石、布などを用いた精巧な品々が無数に作られ、20世紀中期からは合成樹脂やプラスチック(plastic)へ偏向しました。

中国の陶器「青花瓷」を思わせる嵌心花扣です。
中国の陶器「青花瓷」を思わせる嵌心花扣です。 via Atelier Leilei

歴史的には、19世紀までのスーツやジャケットに広く利用された袖留ボタンのように、現代では装飾ボタンに変化したものも多いです。しかし、辞書類で装飾用と明記されたボタンは、ほとんどフロッグ・ボタン(Frog Button)しか載せられていません。13世紀のヨーロッパへ影響を与えた蜻蛉玉(Chinese Button)が現代も旗袍(Qipao)に活かされています。可愛らしいアイコン(icon)とは裏腹に、数世紀にわたるボタンの歴史を留め続けた重さに驚きを隠せません。

ボタン の種類

ボタンの種類は様々ですが、材料、形、構造、設置箇所(用途)の4点で区分されることが多いです。

1.材料

貝殻、石、宝石、金属、ガラス、木、竹、珊瑚、果実殻(団栗、ココナッツetc.)、角、象牙、鼈甲、陶磁、ゴム、プラスチック、合成樹脂、紐類・布類。このうち金属は、真鍮(brass)、黄銅、銅、アルミニウム、鉄、鋼鉄、金、銀など。角はバッファロー・ボタン(Buffalo Button)など、布類は包み釦(クルミ・ボタン)、 クロッシェ・釦(Crochet Button/鉤針編)、合成樹脂は、ペークライトやプラスコンを混入させたコンポジション釦(合成釦;Composition Button)や牛乳中のカゼインを混入させたタクト釦(Lacto Button)など。

2.形

球、半球、天丸、平、皿、猪口、団栗、紡錘、鼓など。直径は1~5cm程度。

3.構造

  • 糸通し穴が裏から表に貫通した表穴
  • 裏側を通り、表には見えない裏穴(シャンク;Dhank)

4.設置箇所(用途)

ワイシャツなどの二重カフスを留めるのはスリーブ・リンク(Sleeve Link)ともカフ・リンクス(cuff links)ともいわれます。通称のカフス・ボタン(Cuffs Button)は俗語。女性用ブラウス(Blouse)にも用いられます。ワイシャツの襟を留める小さいボタンはカラー・ボタン(Collar Button)。また、下側が凸、上が凹になった二つ一組の金属製ボタンはシャンク・ボタン(Shank Button)。どちらも生地にぴったり縫い付けます。ビニールの雨着、傘、ハンド・バッグ、ズボンなどに使われます。装飾用ボタンが良く用いられるのは、袖口の開き見せ部分、スナップ留めの打ち合わせの上、ポケットの蓋の上、肩章の上、飾り短冊の上など。また、ボタンを外す格好をオシャレとする場合はアンボタン(unbutton)といいます。

最後に、既述の通り、ヨーロッパへ最も強く影響を与えた装飾用ボタン(飾り釦、Stud)は蜻蛉玉(または、フロッグ・ボタン;Frog Button)です。別名は多く、チャイナ・ボタン(Chinese Button)、チャイニーズ・ノッティング(Chinese Knotting)、釈迦結びと呼ばれるもので、絹の紐を結んで作ったボタンです。上から見ると蛙に見えます。5世紀ころから中国では制作・使用されていました。

関連リンク

追記

いつも原稿作成は5冊程の辞書を駆使して要約しています。やはり勉強になるのは1960年代、1970年代の辞書。角で作るボタンや貝で作るボタン、それに木のボタンなど、とても材質 が豊かだったことがわかります。「すげえな」と妻に言うと一言、「プラスチックが普及してなかったんだから当然でしょ」…。どちらが歴史家かわかりません (苦笑)。もとい、逆にいえばやはり感じるのが貧困急進中の現代。そもそも象牙などは狩猟禁止に向かっていることもあって、ますますプラスチック貧困の私 たちですね。

それと、ヨーロッパのボタンの歴史ですが、辞書どころか服飾史の本を参照しても古代ローマ以降は12・13世紀まで記述がありません。古代ローマで巻衣が 中心だったといっても10世紀ころはどうだったのでしょう?巻衣のままだったのでしょうか…?! 関連サイトで紹介したページは少々ローマ時代を掘り下げ ていますが、他のページ同様、13世紀までは空白です…。
なお、妻によると、市販で売っているチャイナ・ボタンは紐で作ったものが多く、昔のチャイナ・ボタンは布から細い紐を作って、その後でボタンへと結んだそうです。

広告

あなたはこの記事のどこに興味をもたれましたか? 読まれて何か発見がありましたか?