ベッドシット発のブティックファッション:1960年代のモード界2

この記事は約5分で読めます。

ベッドシット発のブティックファッション:1960年代のモード界2

このページではベッドシット発のブティックファッションから1960年代のモード界をまとめています。

ブティックの登場

スウィンギング・シクスティーズとスウィンギング・ロンドン」の時代、ロンドンのファッションを最も強く後押しした一つの現象はブティックの威力が強まったことです。ブティックとは、デザイナーが自己製品の小売業者になることを意味する小さな独立小売店のことです。これ自体は新しいものではありませんが、若い顧客層を取り込んでいったことが1960年代の新現象といえます。

かつて、衣服のデザイナーには利点がありました。生産と販売の両方を管理することで、今までの顧客を満足させるために仕事を妥協する必要性から解放されました。この表現の自由により、彼らは新しい材料やデザインで前例のない方法で実験することができました。デザイナーたちは、いくつもの野生的なアイデアを自宅でつなぎ合わせて、地元のブティックで試してみました。

クォーラム、フォール・アンド・タフィン、ジョン・スティーブン、ミスター・フィッシュ、ミスター・フリーダム、カウント・ダウン、パリセーズ、アナキャットなどのファッション・ブティックが、キングスロードとカーナビーストリートにまもなく集まりました。これら二つの街路は、デザイン重視のかなり強いロンドンのなかで最もブティック文化の華やいだ場所でした。

Image by Nigel Cohen from Pixabay

マリー・クワントとロンドン・ルック

マリー・クワントの最初のブティック「バザール」は1955年にキングスロードにオープンしました。同店は、アレクサンダー・プランケット・グリーンとアーキー・マクネアの共同出資でした。アーキー・マクネアは同じキングズロードにある英国初のカフェ・バーの所有者でした。

クワントは若い世代のファッショナブルな服の先駆者でした。彼女の哲学は「ニューヨーク・タイムズ」誌に引用されました。「若者は若者らしく見えるべきです。老人は望むなら若者のように見せられますが、若者はどんなアカウントであっても老人のように見せてはいけません。」

伝統的な英国のクチュールは、ナイロンやポリエステルをはじめとする合成繊維を避けました。低レベルだと決めつけていたからです。化学繊維はイギリスのクチュール倫理に爪弾きにされていましたが、最も関連性の高いデザインファブリックである若い市場を見出しました。世代がこれほど分極化されたことはありませんでした。

1967年、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートのファッション教授であるジャニー・アイアンサイドは次のように書いています。「若者が老人のためにできることは、彼らに衝撃を与え、アップデートさせ続けるだけです」。バーナード・ショーも次のように述べています。若者たちは熱意をもって最近の役割を果たしはじめていて、服のファッションはいつもどおり非難のシェアを得られる目前にまで迫っていると。

女子たちはミニスカートを身につけ、男子たちはロングヘアにして、真似することができない高齢者たちに即興の敵意を表明しました。

マリー・クワントは、ゴールドスミス・カレッジ・オブ・アートでイラスト学科を卒業した後、ロンドンのクチュール・ミリナーであるエリックと仕事をしました。そこでは1人の女性に3日間にわたり帽子を縫いました。この仕事をつうじて彼女は、ファッションは特権的な少数者だけでなく、すべての若者のために存在するべきであると思いました。

彼女は正式なファッショントレーニングを受けずに、ベッドで服を作りはじめました。自分の自伝で次のように回顧しています。「絶対に20世紀のファッションは…同年代の人々によって選ばれ…、若者は母親と本質的に同じものを着ることに疲れていました。ファッションは何十年も変わらずパリのクチュリエによって指示されていましたが「オートクチュールの派生品を下層の経済階層も利用できました」。

マリー・クワントは1961年までにナイツ・ブリッジで2店目の「バザール」をオープンしました。クアントは大衆市場の手ごろな価格を保つために卸売りをしました。サブカルチュラル・グループの消費力増大を意識し、停滞した衣料品売買を根こそぎ後押しするのがモッズだと考えました。「常にモッズと歩調を合わせる必要がありました。…この世代の声や文化は、お茶やワインと同じように、大胆で陽気で決して退屈しない服を選んで自分の人生を呼び起こしています。

モッズ(Mods)は「モダンズ」(moderns)の略語です。モッズたちはロンドン・ルックを象徴しました。ロンドン・ルックとは、女子たちならマリー・クワントのPVCやジャージ地のチュニックに身を包み太ももレベルのミニスカートを着ました。男子ならイタリア製のポリエステル・スーツを着ました。

コード化されたファッション・ユニフォームの時代が来ました。彼らの週末はブティックで買い物をし、ランブレッタに乗ってザ・フーの曲を聴き、彼らのライフスタイルは10代の消費者を擬人化したライフスタイルでした。

参考文献

  • ブリュノ・デュ・ロゼル『20世紀モード史』西村愛子訳、平凡社、1995年、394頁
  • Susannah Handley, Nylon: The Story of a Fashion Revolution, The Johns Hopkins University Press, 1999, pp.103~105.

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php