この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ボニー・キャシン:ファッション・ビジネスの母

ボニー・キャシン人物と企業
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
ELLE SHOP(エル・ショップ)
スポンサーリンク
ELLE SHOP(エル・ショップ)

ボニー・キャシン(Bonnie Cashin)は米国カリフォルニア州に生まれたファッション・デザイナーです。彼女は2つの巨大な資産によって知られています。1つにファッション・ビジネスの母親、2つに有り余る才能です。

キャリアの始まり

彼女のキャリアは1930年代のニューヨークで始まりました。ロキシー劇場でデザイナーとして就職。同時に「アート・ステューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨーク(外部リンク : The Art Students League of New York)」に通学しました。

よりお金を稼ぐために、彼女はメーカー向けにスポーツ服をいくつかデザインし、その後もショー・ビジネスと衣料品貿易をこなし、時間をとても上手に分割し続けました。

ボニー・キャシン : 自作の服を着るボニー・キャシン(1961年)。彼女の典型的な作品で、黒白ツイードのケープにレザーのトリム。

自作の服を着るボニー・キャシン(1961年)。彼女の典型的な作品で、黒白ツイードのケープにレザーのトリム。 via The Forgotten Designer Behind Some of Fashion’s Biggest Trends – The New York Times

フォックス社への就職

1943年末に彼女はカリフォルニアの20世紀フォックス・スタジオで働くように誘われました。美しく優雅なハリウッド女優の一人ジーン・ティアニー(Gene Tierney)主演の「ローラ殺人事件(Laura)」(1944年)が幸運にも当初の課題の1つでした。

「ローラ殺人事件」(1944年)のジーン・ティアニーとヴィンセント・プライス。

「ローラ殺人事件」(1944年)のジーン・ティアニーとヴィンセント・プライス。 via GENE TIERNEY IN A HAT – LAURA | BEGUILING HOLLYWOOD

この映画でジーン・ティアニー用に作った衣装は、アメリカの1940年代映画によく見られる飾り過ぎの衣装とは対照的でした。当時の映画は戦時統制ゆえにとかくシンプルになっていますが、振り返ってみるとやや馬鹿げたように見えます。

しかしボニー・キャシンはこの罠に陥りませんでした。残念なことに「ローラ殺人事件」で使われた服は残っていませんが。

またフォックス社は当時、ベティ・グレイブル(Betty Grable)やジューン・ヘイヴァー(June Haver)らと共に豪華なミュージカルを作っていました。ロキシー劇場でキャシンが積んだ経験は非常に有利でした。

独立

1950年にキャシンはニューヨークに戻り、1953年に自身のデザイン・スタジオをオープンしました。

評価

彼女はアメリカで最もオリジナリティが高く成功したドレス・デザイナーの1人で、ファッション評論家から無数の賞や称賛を得ています。

関連リンク

302 Found

コメント

スポンサーリンク
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
スポンサーリンク
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php