Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

シャネル ザ・ファッション / エドモンド・シャルル=ルー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャネル ザ・ファッション / エドモンド・シャルル=ルー

シャネル ザ・ファッション : 本書は作家シャルル・ルーの書いたガブリエル・シャネルの伝記です。これまで出版されていた類書、たとえばマルセル・ヘードリッヒ「ココ・シャネルの秘密」やポール・モラン「獅子座の女シャネル」を超えてシャネルの真実にギリギリの所まで迫ろうとした意欲作です。著者のルーは作家業の傍らで女性雑誌「エル」や「ヴォーグ」の執筆・編集に携わってきました。

エドモンド・シャルル=ルー シャネル ザ・ファッション 榊原晃三訳 新潮社 1980

エドモンド・シャルル=ルー「シャネル ザ・ファッション」榊原晃三訳 新潮社 1980 (to amazon.jp)

著者の情熱

類書を超えるほど詳しく真実に迫るという目的はある程度達せられていると思います。本書の執筆はルー自身ではなくシャネルから持ちかけられた話だという点は斬新でした。といってもシャネルが著者に語る話はほとんどが嘘ではないかと疑うことばかりで、著者はシャネルに対して愚痴をこぼします。その時シャネルは著者に≪真実とは何か?≫とはぐらかしました。これが著者の真相解明の意欲を奮い立たせたようです。

シャネルへの取材は実に16年に及び、インタビューをする時に著者はそれまで集めた記録、写真、本、ノート、カメラなど膨大な荷物を積んで臨んだといいます。セヴェンヌ、オバジーヌ、ソオミュール、ヴィシー、ドーヴィルへとシャネルを追い掛けました。シャネルを介さない独自の調査も凄まじく、イギリス、ソ連、ドイツへと調査を進めました。このような背景から訳者は「洗いざらい」「徹底的」といった形容に相応しい伝記に仕上がっていると驚嘆しています。

本書のメリット

ですから、本書を読んでいますと、一つの時代が再現され、シャネルやルーとともに生きた感覚に見舞われます。シャネルの発言を乱用せず、時代や地域を非常に詳しく描いています。訳者もいうように文体が堅いので、類書に見られる気取った感じを受けません。シャネルを通じた20世紀史として読めるので、世界史に興味のある方に向いています。その分、ファッション史としてはあまり情報が得られないのが少し残念。そもそも著者はファッション史を狙っていないので仕方ありませんが。

エドモンド・シャルル=ルー「シャネル ザ・ファッション」榊原晃三訳 新潮社 1980 (to amazon.jp)

English Summary

L’irreguliere ou mon itineraire Chanel : This book is a biography of Gabrielle Chanel written by writer Charles Roux. It is an ambitious work that tried to urgently touch Chanel’s truth to Chanel’s truth beyond the books that had been published so far, such as Marcel Haedrich “The Secret of Coco Chanel” and Paul Morand “The Leopard Woman Chanel”. Author Rou has been involved in the writing and editing of women’s magazines “El” and “Vogue” by art writer.

When reading this book, one era is reproduced, and it felt the feeling of living with Chanel and Roux. I abbreviate Chanel’s remarks and draw the times and areas very closely. As the translator also has a stylistic sentence, I do not get the feeling of being distracted in the book, such as other Chanel’s biographies. It can be read as a history of 20th century through Chanel, so it is suitable for people who are interested in world history. To that extent, it is a bit disappointing that we can not get much information as fashion history. Originally it is useless because the author is not aiming for fashion history.

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php