Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アーガイル編 Argyle Design : 意味、語源、アイテム

広告

アーガイル編

アーガイル編 Argyle Design とは、種々の色彩のダイヤモンド形(菱形)の模様を編み込んだ編柄(ヨコ)のニットです。アーガイルとはイギリスのスコットランド西海岸の州名から。

手編、機械編のいずれもあり、ジャカード編機をはじめ、インターシャ編機などによって編まれます。最近ではダイヤモンド形のほか、山柄、稲妻柄など各種の模様が見られます。ニット衣料品の増加につれて、多彩で派手なものも生産されるようになりました。

一般にスポーティな柄とされ、色使いは2色・3色が多いです。主にストッキング・靴下またはセーターに用いられますが、手袋に使われることもあります。

アーガイル靴下 : Argyle design hosiery

アーガイル柄のスポーティな靴下で、かつては男子用が中心でしたが現在では女性用も多く見られます。アーガイル靴下は主に半自動アーガイル機で編まれます。編成に際して、針の運動はピッカーの使用によって自動的に作動し、シンカーで編地を押さえているため、どんな変形ダイヤでも編み立てができ、しか鮮明な配色が得られます。

アーガイル手袋 : Argyle design gloves

アーガイル柄を甲の部分に用いた編手袋で、カフをゴム編機、5指と掌を小横機、甲を半自動アーガイル靴下機で編み、かがり合わせて作られます。甲部の柄は踵編(かかとあみ)と同じ半回転で編まれるため能率が落ち、手工的な製品とされています。

アイテム・サーチ

アマゾンでアーガイルの衣料品を探す