Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アントニオ・カスティーヨ:Antonio Castillo

シェアする

広告

アントニオ・カスティーヨ

アントニオ・カスティーヨ:Antonio Castillo は1908年にスペインのマドリードに生まれたファッション・デザイナーです。

フルネームは、アントニオ・キャノバ・デル・カスティーヨ。表記上、アントニオ・カスティロ、アントニオ・カスティリョ、アントニオ・カスティーリョ、アントニオ・カスティヨ、アントニオ・カスティロとも。

アントニオ・カスティーヨ:Antonio Castillo

アントニオ・カスティーヨ:Antonio Castillo via Antonio Cánovas del Castillo. Film. Biography and works at Spain is culture.

経歴

マドリード大学とエル・サクロ・モンテで建築と法律を学んだ後、パカンシャネルロベール・ピゲ等でドレスやアクセサリーなどでオリジナル・デザインを手がけました。

1945年にニューヨークへ渡り、オート・クチュールを手がけた始めたドイツの化粧品ブランド「エリザベス・アーデン」社のデザイナーとして活躍。オペラやブロードウェイの舞台衣装もデザインしました。

1950年にパリへ戻り支配人としてランバン社と契約。ジャンヌ・ランバン亡き後のブランド<ランバン>をランバン・カスティーヨに変更し、自ら主任デザイナーとしても一時代を築きます。1961年、それまでの半年間をクリストバル・バレンシアガのクチュール・メゾンで働いていたオスカー・デ・ラ・レンタを、ランバン・カスティーヨのアシスタント・デザイナーにヘッド・ハンティングしました。

イヴニング・ドレス アントニオ・カスティーヨ設計 ランバン販売 スタロン制作 1957年

イヴニング・ドレス。アントニオ・カスティーヨ設計、ランバン販売、スタロン制作、1957年) via Evening dress | del Castillo, Antonio | V&A Search the Collections

自店舗開店からニューヨークへ

1962年に病気でランバンを休職。ジュール・フランソワ・クラエに主任デザイナーを委任したまま、1963年にランバンを離れ自分のメゾンをオープン、コレクションを発表しました。

この年、デ・ラ・レンタを連れて、カスティーヨは再びニューヨークへ渡り、エリザベス・アーデンのオート・クチュールとレディ・トゥ・ウェア(プレタポルテ)両部門で、ともにデザイナーとして働きました。カスティーヨの名は1966年までのオートクチュールの名簿で確認することができます。1964年頃にはアンヌ・マリー・ベレッタがカスティーヨのメゾンで働きました。

1971年、デザイナーの一人として参加した映画『ニコライとアレクサンドラ』でアカデミー賞衣装デザイン賞を獲得(もう一人はイヴォンヌ・ブレイクですが、もう一人の協力者ジョン・モロは除外されました)。