モード史を知るためのマストブック

アン・クライン:Anne Klein

この記事は約2分で読めます。

アン・クライン(Anne Klein)は、1923年にアメリカのニューヨークに生まれたファッション・デザイナー。

経歴

15歳のとき、フリーランサーとして、ファッション企業にデザイン企画を売りこむ仕事に従事。スケッチャーとして、主にニューヨーク7番街を中心に活動し、企業相手にデザイン画を売り込んでいた。

創業

「バーデン・プティッツ」(Varden Petites)などで働いた後、夫のベン・クラインと「ジュニア・ソフィスティケーツ」(Junior Sophisticates)を設立。人気アイテムは、ウェストを極度にしぼりこんだフルスカート・ドレス、ブレザーをそえたチェックのロング・スカートなど、チャーミングな作品であった。

1968年には、2人目の夫、チップ・ルーペンシュタインらと「アン・クライン社」を設立し、1点1点が他の服と組合せやすいブレザー、パンツ、セーター、ドレスなど、ワードローブを強く意識したアイテムを主力商品として、精力的なデザイン活動を続けた。1974年の没後、事業はダナ・キャラン、ルイ・デル・オリオ(Louis Dell’Olio)、リチャード・タイラーらに継承された。

作風

特に小柄な女性に向くスポーツウェア、アダルトの服にティーンエイジャーのデザイナー・ポイントを盛りこんだ作品群で全米に名を広めた。特に、スポーツウェア界での地位は確固たるものであった。

小柄な女性のための新しいサイズ展開を確立した実績も考慮され、既製服分野での受賞が多い。1955年、1969年の2回、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を受賞。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php