第75回社会経済史学会全国大会

シェアする

広告

第75回社会経済史学会全国大会

第75回社会経済史学会全国大会 : 2006年9月14日@関西大学

近代日本における仕立業の一類型─明治後期・大正期における姫路市鍛治町藤本仕立店を事例に

  • 第1章 近代仕立業の特徴と本研究の意義
    第1節 近代における衣料生産の諸類型
    第2節 「タイプb2」の先行研究と本研究の意義
  • 第2章 藤本仕立店の史料と業務内容
    第1節 概要
    第2節 主な史料と書式(資料編13~16ページ)
    第3節 主な取引先(表3・表4)
    第4節 生産体制とミシンの利用
    第5節 掛売の実例と販売方法の傾向
    第6節 発送と集金
  • 第3章 取扱製品の増加と販売網の拡大
    第1節 「大福帳」にみられる取扱製品
    第2節 1901~26年における販売総額の推移
    第3節 1901年~26年における主要販売圏域と対応製品(図5)
    第4節 1910年代における新販売圏の展開とその意味
    第5節 顧客としての生野鉱山
  • 第4章 結論
    第1節 近代における仕立業(衣料生産)の展開と藤本仕立店
    第2節 経営持続型の安定要因 – 生野鉱山の顧客化と柔道着販売との同時代史的考察