モード史を学ぶマストブック10冊
著書刊行のエピソード

現在、2冊目の著書出版をめざして
初校に取り組んでいます。
戦前の兵庫県の裁縫業者の経営を
詳しくまとめています。

1冊目の本は
ミシンの歴史とファッションの歴史を扱いました。
どんな関係が二つにあったかを伝えました。
刊行ころのエピソードや内容をぜひご覧ください。

見てみる

モードの世紀について

モードの世紀は新しいファッション史をめざして躍動感あるスタイルを描きます。
この記事は約5分で読めます。

モードの世紀はファッションやモードの世界史をまとめたサイトです。

ファッションコラム、アートの歴史、カフェ日記、ショッピング情報などを中心に、最高の記事をお届けしています。

概要

主題と観点

このサイトの主題はファッション史を書きかえることです。

そのために、2つの洋服化という観点をふまえています。日常着の洋服化と民族衣装の洋服化です。

課題

主題を補なう課題は次の3点です。

下図の赤線で囲った部分が3つの課題です。

モードの世紀のサイト構造をカテゴリーから説明しています。

  1. モードの歴史…人物・ブランドやトピックごとに、その歴史をわかりやすく説明。
  2. ファッション用語集…衣服の形態と言葉のズレに注目して、ファッション用語を説明。
  3. メディア批評…ファッションやモードを勉強するうえで役立つ書籍や映画などを紹介。

主題や課題をつうじて、新しいファッション史やモード論も展開しています(批判と理論)。

 

図でマークしていないカテゴリーはつぎのとおりです。

  • 日記…妻や学生たちと行ったカフェ日記や、ファッション雑誌やモード書籍などを買った買物日記などが中心です。
  • ストアとサービス…展覧会情報、セレブ情報、そして日常生活をおしゃれに楽しく過ごすための便利なお店やサービスを紹介しています。オフライン、オンラインを問わず紹介しています。
  • お得情報と関連ニュース…ファッション関係の提携ショップや提携サービスから配信されるニュースを取りあげています。

主題:2つの洋服化からみるファッション史

ファッション史は文化史の領域で漠然と印象が述べられてきたに過ぎません。

モードの世紀は洋服や洋裁の普及を意識して記事を書いています。そして今までの研究をまとめ直し、ファッション史に新しい光を当てています。

ファッション史の書き換えという主題を次の2点に分けています。

  1. 日常着の洋服化…洋服が世界中に拡散して衣服の近代化が起こった
  2. 民族衣装の洋服化…東アジア地域の民族衣装が洋服化した

ヨーロッパの洋服が世界に普及したことは誰でも言っています。モードの世紀は世界中の民族衣装が洋服になったことを指摘した点で斬新です。

ブリュノ・デュ・ロゼルの書いた、最も優れたファッション史の本「20世紀モード史」ですら、西欧モードの拡大を既製服産業の発展と植民地化と移動手段の発達の3点に求めているにすぎません。

日常着の洋服化

このテーマは「裁縫技術」の普及が基本です。他のカテゴリーでもたくさん述べています。

裁縫技術
洋裁・中裁・和裁などにみられる技術を紹介しています。類似サイトが多いなかモードの世紀では、製品のディテールや製品の区別を技術と関連して説明しています。やや抽象的なファッション用語集にもなっています。

民族衣装の洋服化

東アジア地域の民族衣装に注目しています。着物・旗袍・チョゴリ・アオザイなどの民族衣装は、それぞれ何らかの形で洋服化しました。その変化を詳しく調べています。

洋服化
「洋服化」の記事一覧です。

旗袍という民族衣装と旗袍の洋服化

世界の民族衣装のなかで最も激しく洋服化したのが旗袍です。一方で洋服は世界に散った衣装で、他方で旗袍(チーパオ)は世界が結集した衣装です。

旗袍は「旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史」をご覧ください。

旗袍は見ていて格好いいので、つい色々と調べてしまい約2万字になっています。

旗袍(チーパオ):世界で最も有名な民族衣装の意味と歴史
世界の民族衣装のなかで最も激しく洋服化したのが旗袍です。一方で洋服は世界に散った衣装で、他方で旗袍は世界が結集した衣装です。旗袍は見ていて格好いいので、つい色々と調べてしまい約2万字になっています。

着物という民族衣装と和服の洋服化

近代化とともに日本は自分の古い伝統や風習を「道」として規格化していきます。その事例には柔術・撃剣・茶・花がよく知られています。装もしかり。1900年頃から和服は規格化し洋服になりました。

和服の洋服化はこちらに詳しく述べています。

和服の洋服化 1:裸体禁止・ルーズ禁止からスリム化へ
19世紀和服と20世紀和服にみられる衿元・胸元と端折りの関係を検証します。19世紀和服に比べ20世紀和服は様々な緩みや弛みを排除しました。衿元・胸元がピンと張って他方で端折りもほぼ平坦にさせるというのは、布が平坦である以上、不可能です。
和服の洋服化 2:綿入の消滅とテーラリング化
和服の洋服化 : 和服はチョゴリ、旗袍、アオザイ等と同様に、洋裁の導入で変化した民族衣装の一つです。ここでは和服の変化要素の一つである綿入の消滅を中心にスリム化&ボディ・コンシャス化の点からまとめています。近代日本は和服のルーズさを減らす方へ向かいました。

課題

主題を実現させるのに必要な課題はトピック別歴史やファッション用語などの説明です。

映画、写真、雑誌、書籍などから丁寧に説明しています。

モードの世紀は具体的な課題を3点に設定しています。

モードの歴史を簡潔に示す

世紀単位や10年単位で時間を区切り、その期間に持っていたおしゃれの方向性や重要な人物・アイテムを明確にしています。

この課題は「モードの歴史」に展開し、下位に「パーソン」「トピック」を含んでいます。

ファッション用語を解明する

分かりにくいファッション用語やイメージしにくいアイテムを分かりやすく説明しています。

この課題は「ファッション用語集」に展開し、「スカート」「ドレス」「部屋着と下着」などのアイテムや、「シルエット」「スタイル」「裁縫技術」などの事項を説明しています。

役立つ書籍やオススメ映画を紹介する

写真資料の選別がしっかりした本や、文章中心の書籍でも説明が明解な本を紹介しています。

また、雑誌や書籍やインターネットからお勧めの写真や映画などを紹介し、丁寧な説明を心がけています。

この課題は「メディア批評」に展開し、下位に「写真批評」「映画批評」「書籍批評」を含んでいます。

終わりに

モードの世紀は映画、写真、歴史、雑誌、書籍などをもとに色んな記事を書いています。

あなたに合った面白い記事をみつけてください。

もし、誤字脱字や文意不明などを見つけられましたら、お問合わせ欄からご報告いただければ幸いです。

モードの世紀の設立経緯やヒストリー、詳しい問題意識や運営方針・説明方針などはこちらをご覧ください。

関連 運営の経緯や方針

footer-insert.php