旗袍の洋服化

このページでは、中華民国期(以下、民国期)に生じた 旗袍の洋服化 を述べています。旗袍が導入した洋裁技術内容について、スリム化およびボディ・コンシャス化観点からまとめています。「民国期旗袍の変化に関する諸説」は「旗袍変容の諸説と限界」をご覧ください。

1. 旗袍の洋服化 : スリム化およびボディ・コンシャス化とその前提条件

清朝期旗袍にみられた防寒用綿入の習慣が民国期に消滅したことはスリム化とボディ・コンシャス化の大きな前提条件となっています。和服も同様です(大丸弘「現代和服の変貌」789~790頁)。その上で、先行研究の共通認識として、旗袍のスリム化とボディ・コンシャス化が民国期に生じました。

旗袍の洋服化 海派旗袍展-雲南省博物館 | atelier leilei
白地に緑色縁のHラインの連袖旗袍(上海市歴史博物館所蔵)。 via 海派旗袍展-雲南省博物館 | atelier leilei

2. 旗袍の洋服化 : スリム化とボディ・コンシャス化の完成時期

最も早くに設定しているのが中国近代紡織史編委会編〔1996年〕で、1920年代末と述べています。同〔1997年〕はそれを受けた説明で、西洋裁縫技術導入後の旗袍を説明しています。呉昊〔2006〕は衣服全体が曲線的になった時期を1930年代中頃と指摘しています。この時期は冷芸〔2005〕と長崎歴史文化博物館編〔2011〕にみる製図・裁断・縫製技術の増加段階です。羅麥瑞主編〔2013〕、俞躍〔2014〕は時期をもう少しずらし30年代末期、40年代としています。いずれにせよ、30年代から40年代にいたる時期が西洋裁縫技術導入の最も激しかった時期だと規定できます。ダーツが一部に導入され始めます。

なお、この時期、西洋技術を用いた一つに針織旗袍(Knit Qipao)も作られた(羅麥瑞主編〔2013〕)。ただし普及はしていません。また、西洋裁縫技術の普及につれ京派と海派との区別が消滅していきます。

3. 旗袍の洋服化 : スリム化とボディ・コンシャス化に導入された西洋裁縫技術

これらの研究から、スリム化とボディ・コンシャス化に導入された西洋裁縫技術は以下にまとめられます。参考になるウェブページも併載します。

  • 曲線裁断の導入…現代旗袍の裁断に曲線が入れられる概念図は「近現代旗袍の変貌」(サイト内ページ)
  • 接袖の導入…曲線裁断と同じくらいに現代旗袍でよく使われている技術です。数多くの事例をネットで探すことができます。連袖との違いに「近現代旗袍の変貌」をご覧ください。
  • 肩縫線の導入…これは接袖に付随して行なわれる場合もあれば、行なわれない場合もあります。袖無しの例ですが、下に掲げた写真は肩縫が行なわれた旗袍です。
  • ダーツの導入…必要や体型に応じて腰、胸、腋、背中に入れられる場合があります。一例に「(非売品・展示用)ジャカードコットンのチャイナドレス | atelier leilei」では胸部だけでも3本のダーツが用いられていることが分かります。
  • 20~40か所にわたる採寸…20か所以上の採寸を経て制作された旗袍の実例は「50年代の旗袍が完成しました。 | atelier leilei」(外部ページ)

もちろん、これらの技術導入や変容を支えた起点は既述の綿入の消滅です。ちなみに、私自身は変容のパイピングの細化と刺繍の減少も挙げます。

4.参考写真

旗袍の洋服化 旗袍の肩縫線
旗袍の肩縫線, A rare Appreciation of the Qipao worn by the Grande Dames of Shanghai, Ms Shirley Young(楊雪蘭), via 『上海名媛旗袍宝鉴』, 38頁。

この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/26
[更新日]2017/05/26