ヴィヴィアン・ウェストウッド: Vivienne Westwood

ヴィヴィアン・ウェストウッド Vivienne Westwood は、1941年にイギリスのダービーシャー州に生まれたファッション・デザイナー。教職の道を志したが、後にパンク・ロックのバンド「セックス・ピストルズ」をプロデュースすることになるマルコム・マクラーレンと知り合い、影響を受ける。

1971年、マルコムとともに、ロンドンのキングスロード430番地に、「レット・イット・ロック」という伝説的なブティックを開店。パンク・ロック、ヒッピー、ストリート・ファッションなどを取り入れた。例えば、ボンデージ・ルックや鳥の骨が鎖で取り付けられたTシャツなど、エキセントリックで挑発的な作品が多い。これを機に、ロック・ミュージシャンを中心に顧客が広がり、ロンドンの若者たちの熱狂的な支持を得る。

1970年代半ばのパンク・ロックの出現とともに、「トゥ・ファスト・トゥ・リブ・トゥ・ヤング・トゥ・ダイ」(1972年)、「セックス」(1974年)、「セディショナリーズ」(1976年)といった名の過激な新作を続々と発表し、ロンドンのパンク・シーンをリード。新作発表に合わせて、必ず店名や内装を変えたことは有名。

1981年には、マルコム・マクラーレンから独立し、店名を「ワールズ・エンド」に変更。現在でもキングスロード430番街の店名はこのままである。同年ロンドンでの初コレクションでは、パイレーツ・ルックを発表し、「アヴァンギャルドの女王」と称され反響を呼んだ。その後のボロ・ルックなども含め、アンチ・モードの旗手として活躍(同じようなスタンスに川久保玲や山本耀司ら)。

1982年にパリへ進出し、1986年に独立してコレクションを発表。1984年秋には、ジャンフランコ・フェレ、カルバン・クライン、クロード・モンタナ、森英恵の4名とともに、「ザ・ベスト・オブ・ファイブ」という東京でのアウォードに選ばれ、コレクションを発表している。

この頃には、パンク・ロックも退潮しており、ヴィヴィアン・ウェストウッドの作品は、どんどんゴージャスになり、伝統への回帰がみられるようになる。もっとも、作風は、伝統的なブリティッシュ感覚や歴史服をヒントにしつつも、旧来の用法や意味を修正するような前衛的なものが多くなった。1986年春夏の人形ルック(ロリータ、ベビー・ドールがテーマ)、ミニクリ(ルダンゴトの下からミニのクリノリンを穿かせた)、1987~1988年秋冬のパニエ、1990年代初めの厚底靴(プラットフォーム・シューズ)などが、その代表例。

1991年1月には、クリスチャン・ラクロワ、アイザック・ミザリ、フランシスコ・モスキーノとともに、ファッションサミットへ参加。再び東京でコレクションを発表した。1996年からは、ミラノコレクションへ参加。同年9月には、日本初の旗艦店「ヴィヴィアン・ウエストウッド東京」を日比谷にオープン。1999年には、ニューヨークで、プレス・ショールーム兼用の旗艦店をオープン。以後、旗艦店は、2001年に、モスクワ・韓国・ミラノと、続々開店することとなる。1990年代の作風には、ユニセックスというテーマもみられた。

現在、ヴィヴィアン・ウエストウッドには、パリで発表される「ゴールドレーベル」、プレタポルテの「レッドレーベル」、カジュアルラインの「アングロマニア」、メンズライン「マン」、フレグランス「ブードワール」、2001年1月発表の「リバティン」がある。

1990年・1991年「ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」の最優秀デザイナーに選出。92年、大英帝国勲章受賞。1989~1991年ウィーン応用美術学院教授も務める(ファッション専攻)。1993年以降は、ベルリン芸術大学教授(ファッション専攻)。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/17
[更新日]2017/05/29