Unseen Vogue

Unseen Vogue は雑誌「VOGUE」の未発表写真を集めたもので、語られなかった多くの物語が結集しています。British Vogueに保管されている150万枚の画像から、今までに見たことのない(Unseenの)300枚強の写真が選ばれています。巻末に人名索引あり。収録された主な写真家は、Cecil Beaton, Horst, Norman Parkinson, Lee Miller, David Bailey, Irving Penn, Patrick Demarchelier, Bruce Weber, Herb Ritts, Steven Meisel, Juergen Teller, Mario Testino 他。

Robin Derrick and Robin Muir, ed., Unseen Vogue: the Secret History of Fashion Photography, Little, Brown, 2004 (amazon in JP) (amazon in US)

Unseen Vogue の内容

収録写真は、単純にヴォーグ用に撮影された場面に留まらず、構想から刊行までを通り抜けた、いわば作業迷路を証明するような写真も多く含んでいます。たとえば、国際的に有名な多くの写真家の初期作品、忘れられた巨匠写真家による偉大な写真、それに議論の余地があり掲載を却下された写真、などです。冒頭には1920年代後半の写真がありますが、多くは1970年代以降のものです。

本書の強みは、何といっても撮影状況を詳しく説明している点で、掲載経緯・未掲載経緯がよくわかります。もちろん、撮影者、衣服設計師、モデルに関する説明もありますが、これも編者たちの観点が盛り込まれているので、秘話として読むことができます。

Clothes by Courreges from the Paris Collections, 1967, photo by Bert Stern, <i>Unseen Vogue</i>, 147-148
アンドレ・クレージュ制作の衣服。1967年、パリ・コレクション。バート・スターン撮影。Clothes by Courreges from the Paris Collections, 1967, photo by Bert Stern, this book, pp.147-148.

たとえばこの写真です。撮影者はバート・スターン(Bert Stern)で、アンドレ・クレージュ(André Courrèges / Andre Courreges)制作の衣服で、1967年のパリ・コレクションで発表されたものを写しています。この写真は、最初にVogueアメリカ版で公表され、同じパリ・コレを扱ったイギリス版では掲載されませんでした。

私の一目惚れを下に紹介していきます。1枚に絞りたいのですが、収録された写真が多いので、浮気心に揺れながら5枚。

CLIFFORD COFFIN, The news is in the Shoes, 1946, Unseen Vogue, p.41.
クリフォード・コフィン「ニュースは靴に」/CLIFFORD COFFIN, The News is in the Shoes, 1946, this book, p.41.

「新しい事は靴の中」という艶めかしい題名の付された写真。アメリカの写真家クリフォード・コフィン(CLIFFORD COFFIN)の1946年の作品です。

コフィンは10年以上にわたりVogue誌に作品を提供し、ファッション・モデルの一世代を育てました。たとえば、ウェンダ・ロジャーソン(Wenda Rogerson、後にWenda Parkinson)、バーバラ・ゴエーラン(Barbara Goalen)、スージー・パーカー(Suzy Parker)、エルザ・マルティネッリ (Elsa Martinelli)たちです。特に、エルザ・マルティネッリとはパリで一緒に仕事をしました。

次の写真は2枚組で「新しい事は靴の中」を地でいった構成になっています。

ANTHONY DENNEY, EVENING PUMPS BY RAYNE, 1950, Unseen Vogue, p.70.
ANTHONY DENNEY, EVENING PUMPS BY RAYNE, 1950, this book, p.70.
ANTHONY DENNEY, EVENING PUMPS BY RAYNE, 1950, Unseen Vogue, p.71.
ANTHONY DENNEY, EVENING PUMPS BY RAYNE, 1950, this book, p.71.

いずれもアンソニー・デニー(ANTHONY DENNEY)の作品です。彼は室内家具の写真家で、室内設計師でもあり、桃と赤の大胆な配合の先駆者でした。Vogue誌では主に静物と装飾品の写真を多く撮影しています。

次はページも時代も飛んで、1970年代です。

PATRICK HUNT, MAUDIE JAMES, 1973, Unseen Vogue, p.189.
PATRICK HUNT, MAUDIE JAMES, 1973, this book, p.189.

この写真は、撮影がパトリック・ハント(ATRICK HUNT)、モデルがマウディ・ジェイムス(Maudie James)で、表紙候補になりました。整髪はセリーヌ・アット・レオナード(Celine at Leonard)、化粧はバーバラ・デイリー(Barbara Daly)。この写真はまた、リズ・ティルベリス(Liz Tilberis/後のVogue誌主編集者)のファッション業界デビューを飾るもので、この時、ペネロペ・ツリー(Penelope Tree)も同席していました。ティルベリスは後に、写真家のデビッド・ベイリー(David Bailey)に「彼女たちは1960年代後半の最高に非凡なスーパーモデル」だと伝えています。

最後に旗袍です。

Unseen Vogue, p.71.
セシル・ビートン撮影、ティナ・ルッツ被写体。CECIL BEATON, TINA LUTZ, 1973, this book, pp.192-193.

これはセシル・ビートン Cecil Beaton は自身の集めた旗袍 qipao をティナ・ルッツ Tina Lutz に着せたもので、ビートンによるシノワズリ Chinoiserie by Beaton となっています。その後、このようなビートンの色の多様性はイギリスVogue誌で見られることはありませんでした。

Robin Derrick and Robin Muir, ed., Unseen Vogue: the Secret History of Fashion Photography, Little, Brown, 2004 (amazon in JP) (amazon in US)

 

 


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/09
[更新日]2017/05/29