ユニセックス : unisex

ユニセックス : 概要

ユニセックス unisex とは男女の性が結合された状態を意味し、「男女の区別がない」の意。簡単にいえば「男女兼用」。モノ・セックス(単一の性)、ノン・セックス(性無し)も同義。元々、ユニ(uni)とは「unite」の接頭語で結合するの意。

ユニセックス・ルックの展開

ユニセックス・ルックは、トランス・セクシャル・ファッションとも呼ばれ、男女の性別を超越したファッションの総称です。パンタロン・スーツやサファリ・スーツがなどが代表的ですが、20世紀後半にユニセックスが特に普及したのはジーンズの流行からです。男女の接近した時代(≒女性が強くなった時代)は、これまで1920年代と1960年代だと言われてきましたが、ファッション史でも、1920年代のギャルソンヌ・ルックの台頭、1960年代のTシャツ、デニムジーンズの流行が象徴的です。

ユニセックス ツィギー(モデル)
Twiggie (Model), ツィギー(モデル) 60年代「社会変革の時代」「女性に対して緩くなった社会的タブーによって、ユニセックスの衣装や有名なミニ・スカートが発展し、今日の私達はそれらを絶対崇拝しています」。60s: Era of Social Reforms: “The relaxed social taboos against women led to the development of unisex fashion and the famous mini skirts that we absolutely adore today”. via Evolution Of BagStyle Files

さらに、1980年代後半から、ファッションを含めて社会全体に男女関係を見直そうという気運が当時の先進諸国で一般的な現象となりました。しかし、この時期のユニセックス現象は、女性が強くなったというだけでなく、そこには、これまで女性が役割を担ってきた「見られる性」を男性も受容しようという傾向が見られました。

アメリカ映画『アニー・ホール』でダイアン・キートンが着ただぶだぶの男物ジャケットがその典型。20世紀後期のブランド界では、1980年代初頭にアンドロジナス・ルック(アンドロジナス=両性具有)を提案し、87年春夏のパリ・コレクションを「オム・オブジェ」で賑わしたジャンポール・ゴルチエが、ユニセックスの代表例です。他にも、同年のトキオ・クマガイ、88年春夏パリコレでのヨウジ・ヤマモトなども例に挙げることができます。これは、男性のファッションが追求されるようになったという意味で「新ユニセックス・ファッション」と呼ばれることもあります。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/07
[更新日]2017/05/29