トレンチ・コート : trench coat

トレンチ・コート の概要

トレンチ・コート trench coat とは、ダブルのベルト付きコート。綿や薄手のウール素材で、エポーレット(肩章)と2枚のヨークが付いた防水加工のコートです。「キング・オブ・メンズ・コート」の異名をもちます。戦闘用にデザインされたのが発端で、複雑なディテール・デザインが施されています。トレンチ・コートは、色んな場所に色んなものが付けられた、いわば「機能の集合体」といえるコートです。

ヴィンテージな葉書。第一次世界大戦中にトレンチコートを着た女性工場労働者のグループ。場所はウーリッジ・アーセナル。

トレンチ・コート のディテール

機能の集合体といえるトレンチ・コート のディテールを見ましょう。袖は、袖に運動性を持たせるために、ラグラン・スリーブかセミ・ラグラン・スリーブが多く採られています(稀に、セット・イン・スリーブも)。肩にはエポーレットやガン・パッチ(元は銃床を支える目的)、胸にはストーム・フラップ・ポケット(二重覆いの雨ぶたつきポケット)が付けられいます。ウェストには、ミシン・ステッチを掛けたベルトを締め、後ろ身頃は、ウェストまでがセンター・シームにステッチが入り、背中にケープ・バック(当て布)がボタンで留められています。また、顎(あご)を覆うチン・ウォーマーもあります。ベルト、エポーレット、当て布などは全て、表地と共地になっています。カフスは、タブまたはストラップ付きで、全体の調和を整えます。生地は、ウールや綿などのギャバジンやツイルが主です。なお、ギャバジン生地の開発はバーバリー (Burberry) 社が行ないました。

トレンチ・コート trench coat の代表的なアパレル・メーカー「バーバリー」
「トレンチコートは20世紀初頭の軍隊のニーズに応えるために開発されました。エポレットは将校の階級を示し、ベルトのメタル製Dリングは軍事用品を下げるためにあしらわれました。」 via 伝統 | バーバリー

トレンチ・コート の語源

トレンチは英語で「塹壕」の意。第1次世界大戦で、フランスとドイツ間の西部戦線で戦闘が膠着し、長期的な塹壕線となりました(第1次大戦は塹壕戦がメイン)。その時、イギリス陸軍が採用した戦闘用防水コートがトレンチ・コートのデザインの起源です。当時のイギリス陸軍はバーバリー製のトレンチ・コートで統一されていたそうです。

また、ラテン語で社名が防水を意味する「アクアスキュータム社」(Aquascutum)のトレンチ・コートも有名。当初は、防水性と機能性に重点を置いてデザインされていましたが、スポーティな感覚が、男女ともに一般用コートのデザインとして人気を呈し、第1次大戦後のレイン・コートやダスター・コートの代表格となり、現在、トレンチ・コートはさらに広い範囲で着用されています。

カトリーヌ・ドヌーヴの着る トレンチ・コート
カトリーヌ・ドヌーヴの着るトレンチ・コート。フランソワ・トリュフォー監督『暗くなるまでこの恋を』(1969年)。La sirene du Mississipi / Mississipi Mermaid (c) 1969 Les Films du Carrosse.

トレンチ・コート の関連リンク


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/20
[更新日]2017/05/28