ティナ・リーサ : Tina Leser

ティナ・リーサ Tina Leser は、1911年にアメリカのフィラデルフィアの富豪の家に生まれたファッション・

世界各地を施行して歩き、フィラデルフィアの美術学校、パリ・ソルボンヌ大学で絵画、彫刻を学んだのち、35年、ホノルルに衣裳店を開いた。41年、ニューヨークに進出して、ハワイの風物にヒントを得た遊び着のショーを開いた。44年、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞の第2席を得て以来名をなした。各地への旅行からインスピレーションを得たユニークな布を使ったパンタロン、簡単な上着、家庭用のロング・ドレスなどが有名。49年、新婚施行のために日本に立寄ったのを機会に“ティナ・リーサ賞”をかけた、わが国初の国際コンテストが催された。

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。