フィオナ・キャンベル・ウォルター & アン・ガンニング

フィオナ・キャンベル・ウォルター & アン・ガンニングのテイラード・スーツ

学生にお気に入りのモード写真を紹介されて、1940年代とも50年代とも思えるし、スーツがディオールのかなとも思って興味が出たので調べてみました。パイピングが格好いいです。この写真は、フィオナ・キャンベル・ウォルター Fiona Campbell-Walter とアン・ガンニング Anne Gunning の着るテイラード・スーツを主題にしたものです。

Fiona Campbell-Walter and Anne Gunning in Tailored Suits, 1953 (c) John French
フィオナ・キャンベル・ウォルターとアン・ガンニングの着るテイラード・スーツ Fiona Campbell-Walter and Anne Gunning in Tailored Suits, 1953 (c) John French

この写真の所蔵者はロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)です。Victoria and Albert Museumの写真専用ページ「V&A Images」に公開されています。この写真のURLはこちら。このURLの説明に拠ると当写真は博物館所蔵ですが、本家の博物館ページ(Victoria and Albert Museum)では一部しか検索する事は出来ません。その分、上記写真専用ページが別個設けられている訳です。本家の写真説明は多いですが収載写真数は少なく、逆に上記写真専用ページでは画像が多く収載されていますが、写真説明は少ないです。

さて、この写真は1953年にイギリスのロンドンで撮影されたものです。撮影者は50年代・60年代に活躍した服飾写真家ジョン・フレンチ (John French)。被写体女性の内、白服の女性がフィオナ・キャンベル・ウォルター (Fiona Campbell-Walter)、右がアン・ガンニング (Anne Gunning) です。フィオナ・キャンベル・ウォルターは特に有名なモデルで、雑誌では「VOGUE」、お抱えデザイナーはChristian Dior(他にもいたかもしれません)でした。

ただし、この写真の二人の衣服 (Tailored Suits、つまり特注) はクリスチャン・ディオールの制作では無いと思います。ウェストを絞るのはクリスチャン・ディオールにもありましたが、スカートがタイトで、ジャケットの縁取り (piping) をクリスチャン・ディオールは行なったでしょうか? そこで、hardy amiesじゃないかと思いましたが、デザイナーについてはまだ分かっていません。客観的なデータとして残る課題は、これら衣服の設計師(デザイナー)です。この写真は1953年の「VOGUE」あるいは「Harpar’s Bazzar」等の女性雑誌のいずれかに掲載されている可能性が高いです。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/06
[更新日]2017/05/29