Singer 146-53 ミシン : 二重環縫一本針、米、麦等の口縫用

Singer 146-53 : 充填した袋の口縫、二重環縫一本針・粉類、セメント袋、米、麦等の口縫用

146型は、2つの異なった型の裁縫ミシンが頭部に区分され、146-3より146-16か146-1の頭部を用い、押さえ足のよりが5/188インチで、針落差1インチ3/8、薄物または中肉地のものに適する。

146-53より146-66までは146-51の頭部を用い、2つの独立する押棒と蝶番式押え金装置、押え足の上りは5/8インチ、針落差は2インチ1/4を有し、厚物用、縫おうとする充填された袋を針の下へ供給するベルトコンベア式の送り装置を有す。本気全体の大きさは台とモーターを含めて高さ5フィート、巾4.7フィート

ベルトコンベア付ミシン
ベルトコンベア付ミシン via 蓮田重義編『工業用ミシン総合カタログ』工業ミシン新報社、1958年、89頁。

この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/09
[更新日]2017/05/26