Shoes

Linda O’Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More, Workman Pub Co, 1996.

19世紀・20世紀に制作された靴の図録です。1~3足の靴ごとに1頁の簡単な説明が付されていて、靴の素材や形態、それに社会状況を知ることができます。

奇抜です、本も靴も…。靴は衣料品の中で最も奇妙な歴史を持っているといっても過誤ではありません。ヴィヴィエ、ブラニク、ウェストウッド。15世紀の2フィート高の木製プラットフォームと1960年代・70年代のプラットフォーム・シューズへの復活。 纏足靴、ハイ・ヒールの逆説、 、ブロケード、ラインストーン、ガラス、魚鱗、羽毛の上皮などが表面に縫い込まれた靴の数々。(なお、纏足靴ハイ・ヒールは当サイト内記事もご参照ください)。

Linda O'Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More, Workman Pub Co, 1996.

The Penis Shoe, Vivienne Westwood, 1995.(男根靴 / ペニス・シューズ、ヴィヴィアン・ウェストウッド、1995年)

 Shoes of Scandal: fetish & Lotus shoes
A Dainty Cup, Chinese, Late 19th Century.(可愛らしい杯状靴)

また、有名人たちの靴、たとえばシャネル(Chanel)の爪先、ジャッキー・O(Jacqueline Kennedy Onassis)のパンプス、(Marilyn Monroe)のスティレット・ヒール…等々の女性履物が1,000枚以上のカラー写真で紹介されているので、感嘆してしまいます。それに、靴についての魅力的な事実も短文で散りばめられているので、パラパラめくるだけでも、たまに本文を読んでも、うっとり楽しめます。本文は靴職人・靴設計師たちのプロフィールや印刷に記録された靴たちのプロフィールで満ち溢れています。アンドレ・クレージュの未来的ゴーゴー・ブーツを覚えていますか?

GoGo Buits, Andre Courreges, 1964

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。