ラルフ・ローレン : Ralph Lauren

ラルフ・ローレン Ralph Lauren は、1940年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクスに生まれたファッション・デザイナー。

ニューヨーク市立大学ビジネス・コース在学中、片手間に、「ブルックス・プラザーズ」にネクタイを売りこんだことから、ファッション・ビジネスが始まった。以後、そこのネクタイ売り場でセールスマンを経る。彼のはじめたワイド・タイ(幅広のネクタイ)がヒットしたのをきっかけに、デザイナーへ。学校でも企業でも、服飾デザインは教えこまれたことがなく、独学で修めたという。

ラルフ・ローレン の創業

1967年、紳士服ブランドの会社「ポロ」を起こし、翌1968年に、メンズウェアのコレクションを発表。特にシャツとスポーツ・ウェアで成功した。1971年からは、プレタ・ポルテのレディース・ラインをスタートし、スウェードなどを使ったカントリー・スタイルなど、婦人服に紳士服のイメージをとり入れたスポーティブなセンスに人気が集まる。また、イギリス製フランネルやハリス・ツイードなど、あくまでも素材を大切にしたテーラード・スーツも一つの基調となっている。この点、セクシーな女性らしさのある作品を提供し、現在でも、キャリア・ウーマンに強い支持を受けている。

眼鏡・毛皮・・スカーフ・宝石部門も持ち、日本でも評判をとった映画『アニー・ホール』(1977年)でダイアン・キートンの衣裳を手がけたことは有名。後に、アニー・ホール・ルックと呼ばれるまでの流行となった。また、航空会社TWAのユニフォームもデザインしている。

ラルフ・ローレン の作風

作風としては、ブリティッシュ・マインドの中にも、より機能性やカジュアル感を持ち込んだ、新しいアメリカン・トラディショナルを打ち出したといわれている。メンズ・スーツでは、アメリカのアイビーリーグ・モデルを、さらに身体に合わせてフィットさせ、ヨーロッパ調の高級なイメージをミックスさせたのが代表例。インテリア製品も手がけ、ライフスタイルを総合的にデザインする企業を築く。

コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を6回、ニーマン・マーカス賞を1回受賞。日本国内での主な製造元・販売元は、ポロ・ラルフローレン・ジャパン、インパクト21、ナイガイなど。全てライセンス・ブランド。対象は、レディース、メンズ、チルドレン。

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。