ポーリン・トリジェール : Pauline Trigère

1912年、テーラーを父にパリに生まれた。同市のビクトル・ユーゴー・カレッジ修了後、父の店でもっぱらカッティングとフィッティングの修業を積んだ。32年、家族とニューヨークへ移住。ペン・ガーシェル社 BenGershel & Co., ハッティ・カーネギー Hattie Carnegie 社を経て、42年、ニューヨーク市に店を持って独立した。彼女は生地を選ぶ眼が非常にきびしいことで知られている。しかも、デザイン画や型紙は一切作らず、頭脳に画いた構想に従って生地を直接裁ち、モデルや人台に着せつけて形を作っていく。いわゆる立体裁断のこの技法は複雑で、独壇場の域に達している。仕上がった服はスーツもドレスもぴったり体になじみ、着やすさでも抜群の評価を得ている。香水・スカーフ・ネクタイ・サングラス・毛皮・宝飾品などの部門もあって、ファッション商品をトータライズしている。ニーマン・マーカス賞(50年)、コティ・アメリカ・ファッション批評家賃を3度受賞(49年、51年、59年)している。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/04/28