オスカー・デ・ラ・レンタ : Oscar de la Renta

オスカー・デ・ラ・レンタ Oscar de la Renta は、1932年にドミニカ共和国に生まれたファッション・デザイナーです。クリストバル・バレンシアガがスペインのマドリッドに開いた店エーザ Eisa12年間勤務し、その後、パリのジャンヌ・ランバン社、ニューヨークのエリザベス・アーデン社で働き、1965年に独立しました。

1966年にブティックを開き、メンズ・ウェアも手がけるようになりました。フランス版ヴォーグの元編集長フランソワーズ・ドゥ・ラングラード FrancoisedeLanglade と結婚。オスカー・デ・ラ・レンタの成功のかげに、彼女の献身が大きいといわれます。

オスカー・デ・ラ・レンタ の作風

クリムトの画にヒントを得たプリント地のカフタン、腹部を露わにしたドレス、シフォンのシースルー・ドレスなどが評判をよぴ、流行の動向を左右するデザイナーの座を占めた。1967年、1968年、1973年の3回、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を受けました。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29