ニナ・リッチ : Nina Ricci

ニナ・リッチ Nina Ricci は、1883年にイタリアのトリノで生まれたファッション・デザイナー。パリのオート・クチュール「ニナ・リッチ」の創業者。

幼時より服に興味を示し、人形の服作りに熱中。13歳の時、家族とともにパリに出て、お針子から身を起こした。18歳にアトリエのプルミエールを務めた後、宝石商ルイ・リッチと結婚。渡仏以来、30年以上にわたって、縫製や裁断の技術を磨き修行を重ね、「ラファン」店と共同で、米国のバイヤー向けに自作品の原型(プロトタイプ)を販売する。

それを機に、1932年、自分のメゾン「ニナ・リッチ」をパリのキャプシーヌ街に息子ロベール・リッチと一緒にオープン。エレガントな女性のための、技巧をこらした優雅なドレスを次々に発表した。ニナ・リッチの服作りは、デッサンを行なわずに、服地を直接に顧客やマヌカンの身体の上にかけながら、ドレープを寄せ、カットを施す点が特徴。「彫刻家」とよばれた優秀な技能によって作られた作品は、女性らしい丸みを帯びたライン、動きのあるデザインに加え、完璧な縫製と手頃な値段で、多くの上流婦人たちに支持を得る。

1945年に経営をロベールに任せてからは、ニナ自身はデザインに専念するようになる。ロベールの経営手腕や香水部門の成功などと相まって、「ニナ・リッチ」は世界的なグランド・メゾンへと展開した。香水では、艶消しガラスの瓶に鳥をあしらった栓をした、48年の「レール・デュ・タン」(時代の空気)がよく知られ、晴れやかな中に清楚さを秘めた香りが幅広い層に受け入れられ、今でも世界中でロングヒットを続けている。59年、ニナ・リッチは老齢のため、デザインからも引退。70年に死去した。

店は息子のロベールに受け継がれ、1954年に、ジュール・フランソワ・クラエを起用。59年、ニナ・リッチは老齢のため、デザインから引退した。店は息子のロベールに受け継がれた。クラエがランバンに移ると、64年には、プレタ・ポルテ界で活躍していたジェラール・ピパールがチーフ・デザイナーに就任。以来、ピパールは、「マドモアゼル・リッチ」のブランドでプレタ・ポルテの分野を開拓。70年にニナ・リッチが死去した後にも、ブランドの躍進は続き、76年には、ジョルジュ・サンク通りにエレガントな巨大ブティックを開店。さらに、79年には、モンテーニュ通りのディオール店の真向いに、新しいビルティングを建て、クチュール部門を移転。ピパールは、87年にデ・ドール賞を受賞。また、香水部門でも、「クール・ジョア」の発売以来、「レール・デュ・タン」など多くの人気商品を生みだし、高い評価を得た。

1999~2000年秋冬シーズンより、新しいチーフ・デザイナーに、ナタリー ジェルヴェ(Nathalie Gervais)が迎えられた。カナダ出身のナタリーは、ニューヨークのFIT、パリのエスモードを卒業後、94年に、トムフォードの依頼で「グッチ」に2年間携わってきた。また、「ヴァレンティノ」のデフュージョン・ライン「デレクション」にも関わった経緯をもつ。新世紀に入った2001年春夏からは、マッシモ・ジュサーニがチーフ・デザイナーに就任した。

日本では、「レール・デュ・タン」や「レ・ベルドゥ・リッチ」などの香水だけでなく、化粧品の人気も高い。女性の素直なコケトリーを表現したデザイン・コンセプトが人気の理由だ。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29