ミッソーニ : Missoni

ミッソーニ Missoni は、イタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が1953年に設立したニット・メーカー。

おしどり夫婦といわれる2人はともに1921年生まれ。夫のオッタビオは、陸上競技の選手として、1948年のロンドン・オリンピックに出場。このとき、イタリア選手団のユニフォームをデザインした。また、オリンピックでロジータを知り同年に結婚。結婚後、ロジータの祖父が創業したささやかなニット工場を引き継ぎ、スポーツ・ウェアを生産。当初、ミッソーニ・ブランドでは売れず、エマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーのネーム・テープをつけて販売された。

やがて、幾何学模様、抽象模様のニットが爆発的な人気を呼び、1966年にミラノで、ブランド「ミッソーニ」として、ようやく初のコレクションが開けるようになった。翌1967年、フィレンツェでシースルーのイヴニングを発表して大きな反響を呼びおこした。1983年には、スカラ座からの依頼で初めての舞台衣装も手がける。1973年にニーマン・マーカス賞を受賞している。

2人の功績はニットウェアをステイタス商品にまでレベルアップしたことで、ミッソーニ・ブランドのニットは上流階級のシンボルとなった。それは、生産点数が限定されていたことにもよるが、何といっても、ロジータがデザインを担当し、オッタビオが製図、編立て、縫製、配色を受けもつという緊密な共同作業の結果である。作品のインスピレーションは近代絵画や自然の風景という。何種類もの色糸で織りなすハーモニーや、独特のファブリックは世界的な評価を得ている。

1997年にオッタヴィオとロジーナがともに引退し、息子のヴィットリオが経営面を取り仕切り、同じくルカがメンズ部門のデザイナーでテキスタイルのディレクションを行なっている。また、レディース部門のデザイナーとして、ファミリー・ビジネスを引き継いでいるのが、娘のアンジェラ・ミッソーニ。

アンジェラ・ミッソーニは、1958年ミラノに生まれ。1978年に母ロジータのアシスタントとしてミッソーニに入社。ファースト・ラインのデザインに携わるかたわらで、ミッソーニのライセンス商品のスーパーバイザーを務めた。92年に自身のコレクション「アンジェラ・ミッソーニ」を発表。1997年秋冬コレクションまで継続された。シースルー、ラメやスパンコールなどの素材も積極的にニットへ組み合わせ、ミッソーニもニット・デザインに新しい局面をもたらしている。95年にはミッソーニの広告責任者に就任し、カメラマンにマリオ・テスティーノ、アート・ディレクターにカリン・ロイトフェルドを起用した。1997年10月と1998年春夏レディス・コレクションをもって、ミッソーニ社のクリエイティブ・ディレクターに就任。

レディースを中心にアンジェラにかかるプレッシャーは大きいものであったが、ニットの世界に革命をもたらした両親の後にやるべきことは伝統を未来へとつなぐことだと彼女は認識している。具体的には、レジャー・ウェアに偏りがちだったコレクションをもっと新鮮に都会的なものにすること。大きなネクタイ会社の経営者と大恋愛中(2002年現在)とのアンジェラ・ミッソーニ。ニット革命以後のファミリー・ビジネスをどのように料理するものか、今後に期待される。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29