ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか…あるいは?

シェアする

広告

ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか…あるいは?

ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか、あるいは別のデザイナーか…。男女を問わず人類は、貫頭衣を着ていた時代から既に膝頭を出してミニのドレスやスカートを着ていたのですから、本当の開発者は原始人か古代人といわねばなりません…。

ここでは戦後のミニ・ドレスやミニ・スカートはどのように登場してきたのか、そして誰が普及させていったのかという点に絞って見ていきます。モードの歴史としてはミニ・ドレスがあって、その後ミニ・スカートが追従したと思われます。

ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか第三の人物か。

ミニ・スカートの考案者 : クワントかクレージュか第三の人物か。 via 無料の写真: バービー人形, ポーズ, 市, おもちゃ, スカート, 都市 – Pixabayの無料画像 – 1749181

ミニ・スカート & ミニ・ドレス @ マリー・クワント

ミニ・スカートの考案者はイギリスのマリー・クワントだと言われます。たとえば、1950年代後半からロンドンでDolly Birdと呼ばれた女子たちが既製スカートの丈を自分で短くする流行を受け、1958年頃にマリー・クワントは最初のミニ・スカートを販売したようです(長澤均〔2006年〕39頁)。イギリスびいきの同書はクレージュのミニ・ドレス発表前から

ロンドンのストリートでお洒落なコ、そう、「チェルシー・ガール」たちは、それよりずっと以前からミニ・スカートを穿いていた。(長澤均『BIBA スウィンギン・ロンドン1965-1974』ブルースインターアクションズ、2006年、39頁)

と記していますが、このページの冒頭で述べた貫頭衣を思い起こせば、そのチェルシー・ガール chelcy girl たちよりずっと以前から人間はミニ・スカートを穿いていたとも言えます。

マリー・クワントは次のようにも指摘されています。アンドレ・クレージュのミニ・ドレス発表後、

ロンドンのジンジャー・グループ社はただちに丈の短いスカートを取り入れ、その短さを誇張したミニ・スカートを生みだし、マリー・クワントの名前で売りだした。(ブリュノ・デュ・ロゼル『20世紀モード史』400頁)

マリー・クワント、ドレス、1966–67年。

マリー・クワント、ドレス、1966–67年。Mary Quant (British, born London, 1936) Dress, 1966–67 via Mary Quant | Dress | British | The Met

ミニ・スカート & ミニ・ドレス @ アンドレ・クレージュ

19世紀末以来、パリ・モードはスポーツ・ウェアを一つのアイデアの源泉としてきました。アンドレ・クレージュの作風は直線・簡単で丈が短い。脚の露出が強まるのでブーツが組み合わされることが多く、もし丈の短い靴を履く時にはハイ・ソックスが似合います。中華圏女性の纏足と同じようにハイ・ヒールが馬鹿げていて、それに比べてブーツは合理的で論理的だとクレージュは感じていました。

他の企業がスポーツ服をハイ・ファッションのアイテムの一つとして取り込んだのに対し、アンドレ・クレージュおよびクレージュ社はドレスを含めスポーツ・スタイルを発想の中心に据えたことに特徴があります。つまり、機能性を重視し、スカートは必然的に膝上ということになります。

アンドレ・クレージュのミニ・ドレスとゴーゴー・ブーツ。イエロー・ストラップ・ガール。アンドレ・クレージュ作、ピエール・ビューロ撮影。「ライフ」誌、1965年5月21日、48頁。Yellow Strap Girl, © André Courrèges, photographed by Pierre Boulat, “Life”, May 21, 1965, p. 49

アンドレ・クレージュのミニ・ドレスとゴーゴー・ブーツ。イエロー・ストラップ・ガール。アンドレ・クレージュ作、ピエール・ビューロ撮影。「ライフ」誌、1965年5月21日、48頁。Yellow Strap Girl, © André Courrèges, photographed by Pierre Boulat, “Life”, May 21, 1965, p. 49

ミニ・スカートの考案者 : マリー・クワント, アンドレ・クレージュ or Others…?

マリー・クワントとロンドン説

イギリスのマリー・クワントは、1950年代後半からロンドンでDolly Birdと呼ばれた女子たちが既製スカートの丈を自分で短くする流行を受け、1958年頃に最初のミニ・スカートを販売したようです(長澤均〔2006年〕39頁)。『ファッションクロノロジー』もイギリス先行説を採り次のように述べます。

ロンドン以上にこれ(ミニ)に揺れた年はなかった。ポール・ヤングは若者向けのマス生産用デザインの契約をアメリカのピューリタン・ファッション・カンパニーと結び、イギリスのモデルたちはフォール&タフィンやオジー・クラーク、シルヴィア・エイトン、それにザンドラ・ローズらのデザイナーの服をプロモーションするためのアメリカへのツアーに駆り出された。(『ファッションクロノロジー』178頁)

クレージュ説

他方、先に引用したブリュノ・デュ・ロゼル『20世紀モード史』(400頁)はあたかもクレージュが先行したかのようなトーンです。

他の説

またフレッド・M・ウィルコックス監督『禁断の惑星』 Forbidden Planet (1956) で、アン・フランシス Anne Francis がミニ・ドレスを着用していることから、これを起源に求める意見もあります(「ファッション・ボックス」292頁)。『禁断の惑星』では男優衣装をウォルター・プランケット Walter Plunkett, アン・フランシスの衣装を ヘレン・ローズ Helen Rose が担当したので、ミニ・スカート、ミニ・ドレスの考案者にヘレン・ローズの説も加わってきます。

ヘレン・ローズ制作によるミニ・ドレス(「禁断の惑星」アン・フランシス主演)。

ヘレン・ローズ制作によるミニ・ドレス(「禁断の惑星」アン・フランシス主演)。Forbidden Planet Anne Francis via OBERON CARTOONS: Forbidden planet and a mini skirt

また「ロンドンの流行と並走していたクレージュは、マリー・クワント同様、ミニ・スカートの創始者であると主張」(『世界ファッション・デザイナー名鑑』113頁)、「どちらが先に発明したかについては、いまだに論争がある」(『もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー』52頁)。多くのファッション史ではどちらが先かの論争は避けていますが、アンドレ・クレージュは1960年代中期にミニ・スカートやミニ・ドレスを発表していきますから、クレージュを考案者とするのは少し無理がありそうです。

以上のことから、ミニ・スカートの考案者はヘレン・ローズにあり、マリー・クワントが大量販売し、アンドレ・クレージュがオート・クチュールのコレクションで初めてミニ・スカートを披露したと考えられます。

そして、ミニ・スカート開発によって膝頭が露出されて以来、スカートの裾はどんどん上昇し、従来のガーター・ストッキングが忌避され、新しくパンティ・ストッキングが登場しました(ブリュノ・デュ・ロゼル『20世紀モード史』400~402頁)。

20世紀モード史 : ブリュノ・デュ・ロゼル著
20世紀モード史 : 20世紀民衆衣装の変遷を網羅的に辿った図書。20世紀初頭から1970年代までを扱い、広範囲の地域を取り上げて近代化に洋服が普及した経緯を述べています。冒頭から民俗衣装と既製服に注意し、一般民衆の衣装に多くのページを割いている点が特徴です。焦点は20世紀ですが、19世紀までの概略についても一般民衆が取り上げられるため、安定した読みやすい叙述がなされています。

ミニ・スカートとナイロン

ミニ・スカートに脚光を当てたのはファッション・デザイナーたちだけではありません。1960年代、アメリカのデュポン社の有望な繊維として「スパークリング」と「キャントリース」が新しく開発されました。いずれもストッキング用繊維でわずかな期間に作られたものです。

ファッション・デザイナーたちは挙って、自分の時代に合わせて類似のシルエットやアイディアを同時に生み出しました。ミニ・スカートはアンドレ・クレージュマリー・クワントピエール・カルダンに代表され、ファッションに欠かせないものとなりました。

Embed from Getty Images
上の写真はポリ塩化ビニール(PVC)のアクセサリーを添えた、ピエール・カルダンの特許ユニットの繊維「カルディーヌ」で作られた三次元ドレスです(1968年製)。PVCはアンドレ・クレージュやマリー・クワントも多用した素材です。

ファッション・デザイナーたちが考える無限の色とパターンはあらゆる合成繊維メーカーにとって大きな幸運と業界牽引力をもたらしました。キアナ(Qiana)は、ファッション業界向けの新しいナイロン・ブランドで、デュポンがパリのクチュール業界で紹介しようとしたものでした。

キアナ繊維を使って織物を作る織物工場にはアブラハム、ビアンチィニ、ブコル、ナティア、スタロンなどがあり、これらの工場名の刻印が生地を使うメジャーなデザイナーにもマイナーなデザイナーにも要求されました。

また、デュポンはディオール社のマルク・ボアンがデザインしたキアナ製ウェディング・ドレスをすでにスポンサーしていましたが、その値段は4,437ドルと非常に高く設定されました。このドレスはニューヨークのメトロポリタン美術館に寄贈されました。次の写真です。ジェダイ(映画「スター・ウォーズ」)たちやシスが着た黒色フード付きローブの白版のようで、怖いのやら格好良いのやら…、どっちでしょう…。

ウェディング・ドレス(マルク・ボアン制作、ファー製、ナイロン製、メタル製、1968年・1969年秋冬コレクション)

ウェディング・ドレス(マルク・ボアン制作、ファー製、ナイロン製、メタル製、1968年・1969年秋冬コレクション)via House of Dior | Wedding ensemble | French | The Met