ミシェル・クラン : Michel Klein

ミシェル・クラン は、1957年にパリのモンパルナスに生まれたファッション・デザイナーです。パリ美術学校を中退した後、1972年にイヴ・サンローランのコレクション用プリント・デザインの仕事に従事し、74年にはドロテビスのニット・デザインを手がけました。


ミシェル・クラン の独立

1980年に「ミシェル・クラン」ブランドを自費発表。翌1981年、パリにブティックをオープン。1986年に、全てを自己管理するという新しい組織「ミシェルクラン有限会社」を設立し、1987年、プレーオークレーク通りにレディース・ブティックをオープン。1989年に、1990年春夏コレクションで日本デビューし、株式会社イトキンとライセンス契約を締結。順調に販売網を拡大しました。また、この年、アクセサリー部門の製造を開始。

ミシェル・クラン 2014年春夏コレクション。
ミシェル・クラン 2014年春夏コレクション。 COLLECTION: CHER SPRING / SUMMER 2014 via Michel Klein » Look 30 – PE14

2004年春より、20~30歳のキャリアをターゲットにした新ブランド「ミシェル クラン ノアール」( Noire)を発売。シャープさの中にエレガンスを共存させ、デザインはシンプルに、素材やシルエットラインにこだわった商品を提案。2004年現在、23の日本のブティックを含め世界中に160以上の小売店をかかえ、既製服以外にも、香水、家具、織物と幅広い活躍をしています。


なお、1988年にはクリスチャン・オジャール(Christian Aujard)のコレクション・スタイリングをスタート。また、1994年からはギ・ラロッシュのオート・クチュール部門のデザイナーも手がけている。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/01/16
[更新日]2017/05/19