ミシンの縫目 : 主な縫目の種類

ミシンの縫目 (seam) にはいくつかの種類があります。ここでは「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社」の「基本の縫い方」を元に、こちらで用意した縫目の写真も加えて、ミシン縫目の種類を説明します。ジーンズのポケット、旗袍のスリットの閂止も紹介しています。

ミシンの縫目 の種類1 : 基本の縫目

基本の縫目は本縫と環縫の2種に大別されます。顕微鏡で布地を拡大したように横から縫目を見ると、次のようになります。いずれも上が布の表、下が布の裏です。また、いずれも布を表側から見た場合、直線が等間隔に途切れていることが想像できます。

ミシンの縫目 本縫の縫目
本縫の縫目 via 「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社
本縫の内「ジグザグ縫」の縫目 via 「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社
環縫の縫目 via 「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社
  • 本縫…縫った布地の表裏ともに縫目が直線になっています。あまり伸びないため、織物地(業界用語の布帛)に多く使われます。本縫に所属するジグザグ縫は伸縮性があるため、布帛だけでなくニットを縫う場合にも使われます。
  • 環縫…縫った布地の表は直線で、裏はループになっています。ループの分だけ伸縮性があります。そのため、ニットを縫う場合によく使われます。環縫にはさらに複数の種類に分かれます。それらの縫目は「工業用ミシンとは | 工業用ミシンのペガサスミシン製造株式会社」内の「環縫のバリエーション」をご覧ください。

ミシンの縫目の種類2 : 縫目の写真

本縫と環縫という基本の縫目を布地の横からみました。次は妻が用意した写真から、表綿・からみた縫目をみましょう。直線が等間隔に途切れていることを確認できます。

本縫の縫目

まず、本縫の縫目です。本縫ミシンを使います。

表側からみた本縫の縫目
表側からみた本縫の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei
裏側からみた本縫の縫目
裏側からみた本縫の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei

縢縫の縫目

衣類を作るには本縫ミシンが必要ですが、縁縫(端縫)を上部にさせるために、ロック・ミシンやオーバー・ロック・ミシンを併用する場合があります。下の図は、ロック・ミシンを使った縢縫(かがりぬい)です。

表側からみた縢縫の縫目(かがりぬい)
表側からみた縢縫の 縫目 (かがりぬい) (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei
裏側からみた縢縫の縫目(かがりぬい)
裏側からみた縢縫の縫目(かがりぬい) (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei

閂止の縫目

最後に、閂止ミシン(かんぬきどめ)で出来た縫目を見ましょう。よく見かけるのはジーンズのポケット角、旗袍のスリット開始部分、手首側の袖端などです。ジーンズの場合はポケットに物を入れることが多く、ポケット角には圧力が強く掛かります。また、旗袍のスリット開始部分には、脚を動かした時に圧力が掛ります。閂止は負荷のかかる部分に縫うことで、圧力に耐えられるようにする効果があるわけです。

1 ジーンズ

このジーンズでは、黄色部分と赤色部分の2か所で閂止をしています。ポケットが膨らみにくい分、逆に頑丈に仕上がっています。

表側からみたジーンズの閂止の縫目
表側からみたジーンズの閂止の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei
裏側からみたジーンズの閂止の縫目
裏側からみたジーンズの閂止の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei

ちなみに、このジーンズは表面が青色、裏面が半白色のデニム生地で出来ています。この生地は標準的な青色デニム(≒ジーン jean )で、経糸に紺糸を用い、緯糸に未晒し糸を使って織ったものです。詳しくは〔デニム : denim〕や〔ジーンズ : jeans〕をご参照ください。

2 旗袍

旗袍の場合はスリットが始まる部分に負荷がかかりやすい上に、その部分にパイピングを施しているため、生地とパイプの両方を閂止でしっかり留める必要があります。表側からみるとスッキリしていますが、裏側からみるとやや複雑な縫製が施されていることが分かります。

表側からみた旗袍の閂止の縫目
表側からみた旗袍の閂止の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei
裏側からみた旗袍の閂止の縫目
裏側からみた旗袍の閂止の縫目 (c) アトリエ・レイレイ atelier leilei

なお、旗袍のスリットについては〔スリット : slit〕や〔陳数の旗袍 : まとめと旗袍のスリット〕、旗袍の基本的な説明は〔旗袍 qipao の概要と民国期の変化〕などをご参照ください。

ミシンの縫目 まとめ

以上、ミシンの縫目を見てきました。布を横から見た場合に本縫と環縫、表裏から見た場合に本縫と縢縫と閂止縫の縫目を確認しました。私自身はミシンを勉強してきて、環縫ミシンの位置づけが未だに分からないままですが、本縫ミシンのオプション的なものだと考えれば良いと、今回の記事を書いていて思いました。絓縫ミシンの縫目は本縫いと異なり、表裏ともに環縫風になっています。環縫ミシンはその間ですね。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/11
[更新日]2017/05/15