ジュン・アシダ : Jun Ashida

1930年、京都府生まれ。家は開業医。

東京高校卒業後、デザイナーを目指し、画家・ファッションデザイナーとして活躍中だった中原淳一に師事。2年間、住込みの秘書を務める。その後、「ひつじや」「ジョンストン」などのチーフ・デザイナーを経て、1960年、高島屋(東京日本橋)顧問デザイナー、帝人顧問デザイナーに就任。63年、渋谷区美竹町に、有限会社「テル工房」をオープンし、プレタポルテの製作販売を開始した。また、この年、高島屋東京店と取引を開始。以降、全国百貨店と順次取引を拡大。64年、日生劇場で第1回オートクチュール・ショーを開催(以来、年2回発表)。66年、美智子妃殿下の専任デザイナーとなり、76年まで務めた(以後、各宮家妃殿下の用命を多数受ける)。

1976年、銀座みゆき通りに、自社ビル店鋪「ブティック・アシダ銀座」をオープン。77年、パリ事務所を開設し、パリでプレタポルテ・コレクションを開催。なお、2回目に参加したときは、ジャック・ドラエと組んでいる。78年、「テル工房」を株式会社「ジュン・アシダ」に変更。「エレガント&プラクティカル」(品性と実用性)をデザイン・コンセプトとして、エレガンス・ファッションを展開。同年、大阪にも営業所を開設。79年には、赤坂見附「ベルビー赤坂」に、直営店「ブティック・アシダ赤坂」をオープン。82年、ハワイで、チャリティショー「芦田淳コレクション」を開催。84年、大阪御堂筋に「ブティック・アシダ御堂筋」オープン。86年の商品センター完成を挟んで、89年には、パリのフォーブル・サントノーレ街にブティック「アシダパリ」をオープン。

1991年、次女の芦田多恵が「ミス・アシダ」でデビュー。以後、彼女は、女性誌で連載をもつなど、ファッションリーダーとして活躍。格調を保ちながらも、若々しいデザインのブランドとして定評を得ている。93年、代官山フォーラムに「ブティック・アシダ本店」オープン。94年には、30周年を期に、社団法人科学技術国際交流センターに芦田基金を設立。

2001年、生産管理・縫製部門を分社し、株式会社「ジュン・アシダ生産本部」設立。
広島アジア大会(94年)とアトランタ五輪では、日本選手団の公式ユニフォームデザインを担当。また、企業ユニフォームも多数デザインしている(帝国ホテル・全日空・東京海上火災など)。
毎年、東京のアメリカン・クラブで催されるジュン・アシダのコレクションは、各国の一流婦人たちが席を占め、国際色豊か。95年には、国連創立50周年記念のチャリティとして、春夏コレクションも開催した。

71年にFEC(ファッション・エディターズ・クラブ)賞、89年、イタリア「功労勲章カバリエーレ章」、91年、「紫綬褒章」、2000年、フランス「国家功労章オフィシエ受章」、03年、イタリア「功労勲章カヴァリエーレ・ウフィチャーレ章」などを受賞。

芦田多恵 : 1964年生まれ。87年、アメリカのロードアイランド造形大学アパレルデザイン科卒業。翌88年、デザイナーとして、ジュン・アシダに入社。91年、第1回ミス・アシダ・コレクション開催(以来、年2回、東京コレクションに参加)。これまでの主な連載記事は、ヴァンテーヌ、ヴァンサンカン、クラッシィ。企業ユニフォームは、南都銀行など。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/17
[更新日]2017/04/28