Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジョン・ガリアーノ : John Galliano

シェアする

広告

ジョン・ガリアーノ : John Galliano

ジョン・ガリアーノ : 1960年にイギリス領ジブラルタルに生まれたファッション・デザイナーです。クリスチャン・ディオールの主任デザイナーを1996年から2011年まで務めました。2014年からは、マルタン・マルジェラのクリエイティブ・ディレクターを務めています(2017年現在)。

ジョン・ガリアーノ John Galliano 2015年頃

2015年頃のジョン・ガリアーノ John Galliano via Happy Birthday John Galliano: Celebrating 56 years!

略歴

ジョン・ガリアーノ は服飾史や異国趣味をアバンギャルドに読み替える華麗な世紀末的作風が中心。また、クチュール的な技術の高さや博物館・図書館での徹底的な調査にも定評があります。6歳でロンドンへ移った後、名門セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アートを卒業。卒業作品は大きく注目され、、当時、サウス・モルトン・ストリートのブティック「ブラウンズ」のジョーン・バーンスタイン(Joan Burstein)が飛びつき、ガリアーノと5年間の契約を結びました。当時のヴォーグ誌のコラムは「ロマン主義と心理主義の得意な流行衣装の請負人」としてガリアーノを賞賛しました。

 ジョン・ガリアーノ とモデルたち。キャット・ウォークを歩き、クリスチャン・ディオールのファッション・ショーの最後を飾る。フランス、パリ、2009年7月6日のファッション・ウィークの一場面。

1980年代 : クリスチャン・ディオールへ

卒業後のガリアーノは、現代という枠組みのなかで歴史的な影響を受けたデザインを数多く生みだし、1984年にロンドンで独立。1985年秋冬ロンドン・コレクションでデビュー。デリケートなバイアス・カット・ガウンと、オーダーメイド・スーツは、いち早く人気を博しました。この「恐るべき子供」と評されたロンドン時代を経て、1990年以降はパリで活躍。

パリでガリアーノは、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)で活躍し、その後、1995年に、引退したジバンシーの後継者として主任デザイナーに任命され、1996年からはクリスチャン・ディオールの主任デザイナーに。翌1997年の1月20日、クリスチャン・ディオールの50周年記念で、ガリアーノは、ディオールのためにショーを披露しました。以降、ディオールの主任デザイナーとして活動し、プレタ・ポルテ部門の売上げも驚異的に伸ばしたといわれています。

 クリスチャン・ディオール オート・クチュール 2007年・2008年秋冬ファッション・ショー。フランス、ヴェルサイユのヴェルサイユ宮殿内オランジュリーにて。2007年7月2日。

1980年代に、モード界は、身体の輪郭をかたどる方向へと向かっていました。胸衣は、その流れで注目されたものの一つですが、なかでもブラシエールをはじめとして、ボレル、ジレ、ビュスチェ、デバルドゥールなどのアイテムやディテールが数多く表現されました。1987年春夏のウィメンズ・コレクションでジョン・ガリアーノがみせたのは、フランス語で婦人の胸衣や子供用の袖付き胸衣をさすブラジエールでした(ブラジエールは英語のブラジャーの語源となりましたが、形態は異なります)。

ガリアーノの1980年代は、実に挑戦的だったといわれます。イノセントなイメージのあるエンパイア・シルエットのドレスや、エコリエとよばれる子供っぽい服装、さらには、テイラード・スーツに派生した括弧付きのタイユールなどは、ガリアーノの特徴を如実に示しています。1980年代後半以降の作品をざっと追ってみますと、1986年春夏では、水に濡れたオフェーリア風の少女ルック、1986~1987年秋冬にイノセント・ルックなど、この時期は、ラファエル前派の影響がみられます。

ガリアーノは、1988年になると、ハイ・ウェストのシルエットをつくるためにボレロを使用し、1989~1990年秋冬では、ポワレからヒントを得たようなコレクションを披露しました。1989年秋冬ロンドンではチュニック、また1980年代後半にはデコルテに薄いスカーフ(フィシュー)をかけた作品も出しています。1990年代になると、まず、1990年春夏パリ・コレクションでブリジッド・バルドー(1950・1960年代のセックス・シンボル)を意識したドレス、1993年春夏パリ・コレクションでは、底の厚い木製のサボサンダルなどを発表しました。

このように、ジョン・ガリアーノは、ミスマッチ、前衛的、歴史主義といったキーワードによく引っかかる作品を提出してきました。退廃的・挑戦的な発表方法もまた、常に話題となってきました。

Happy Birthday John Galliano: Celebrating 56 years!
The british designer John Galliano, once head of Dior and Givenchy, and now of Maison Martin Margiela, celebrates 56 years. Take a look at his renowned legacy!

Head up of luxury French houses, the former Christian Dior (1996-2011) and Givenchy (1995-1996) designer celebrates today 56 years, so let’s celebrate is legacy. (…) In October 1996, Galliano started at the also luxury fashion brand Christian Dior, where he expressed his love for theatre and femininity, saying ‘I don’t love dolls. I love women. I love their bodies. Anna Wintour and Kate Moss are some of the personalities that always been by his side. (…) After controversial episodes that kept him away from the runways, he reboots his career as creative director of Maison Martin Margiela in 2014.(高級フランス・サロンのクリスチャン・ディオール(1996〜2011)とジバンシー(1995-1996)のヘッド・デザイナーが56年を祝ったので、祝いましょう。<中略> 1996年10月、ガリアーノは高級ファッション・ブランドのクリスチャン・ディオールで劇場とフェミニティを愛することを表現し「私は人形が大好きではありません。 私は女性が大好きです。 私は彼らの体が大好きです。 アンナ・ウィントゥアとケイト・モスは、常に彼の側にあった個性の一部です」と語りました。(中略)彼はキャット・ウォークから離れる論争の後、2014年にメゾン・マルタン・マルジェラの創造的ディレクターとして彼のキャリアを再起動させました。 via Happy Birthday John Galliano: Celebrating 56 years!

イギリスの「Designer of the year」には、1987年、1994年、1995年、1997年に受賞。このうち、1997年の受賞は、アレクサンダー・マックィーン(ジバンシーの後継者)と賞を分かち合っています。