ジャン・パトゥ : Jean Patou

ジャン・パトゥ Jean Patou は、1888年にフランスのノルマンディーのバスタ地方で、皮革商の息子として生まれたファッション・デザイナー。1920年~1930年代に活躍したジャズ・エイジを代表する、フランスの有力なクチェリエ。

ジャン・パトゥの創業

伯父が経営する毛皮店を手伝っていたが、1910年にパリに渡り、自分で毛皮とドレスを扱う小さな婦人服店「パリ」を開く。12年に、紳士服部門を設置し、略礼服のスモーキングなど、活動的な正装を生みだし、アメリカのバイヤーから爆発的な人気を得て、時には一人のバイヤーがコレクションのすべてを買付けるという幸運に恵まれた(1914年)こともあった。大尉として第1次世界大戦に従軍した後、1919年、パリのサンフロランタン街の由緒ある館のサロンを借り、翌1920年春、「ジャン・パトゥ」の名で店をオープン。1924年訪米の最、6人のアメリカ女性を連れ帰ってモデル(マヌカン)に育て上げて話題を呼んだ。

1936年、49歳の若さで死没。メゾンは、義兄のレイモン・バルバスが経営面を引き継ぎ、創作面では、マルク・ボアン(1954~1958)、ミシェル・ゴーマ、カール・ラガーフェルド(1958~1963春)、アンジェロ・タルラッチ(1973春~1976秋)、クリスチャン・ラクロワ、ロイ・ゴンザレス(1977年春~)などが専属デザイナーとして活躍した。美しい瓶に入った香水「ジョイ」 Joy と「アムール・アムール」 Amour-Amour も有名。

ジャン・パトゥの作風

1929年秋、ヘム・ラインを一挙に床上20cmまで落とし、ウェストを復活させ、1930年代のモードの先鞭をつけた。広いメゾン内には、縫製のアトリエ、刺繍、織物、染色、毛皮の作業場を設け、創作・製作機関を集中。今日のショーのリハーサルや、プレス・ショーの先例を開いた。仕立の素養がなかったとはいえ、マヌカンの肩に布地を掛け、ドレープさせながら即興的に衣裳を作るという魔術師的な才能があった。

デザインは、シンプルさとエレガンスが特徴で、当時の装飾芸術様式、アール・デコにきわめて調和するもの。また、同時に「女らしい女」(Real Woman)に、最も似つかわしい服でもあった。徹底したビジネスマンとしての面を持ち、アメリカ流経営理念のもとにクチュール・ハウスを発展させた。

ジャン・パトゥのギャルソンヌ・ルック

同じギャルソンヌ・ルックに類せられるガブリエル・シャネルの場合、ロー・ウェストのギャルソンヌ・ルックだが、先に触れたとおり、ジャン・パトゥはスカート丈をくるぶしまで伸はし、ナチュラルなウェストラインを復活させた。また、スポーツ・ウェア、リゾート・ウェアに新しい面を切り開いたことでも知られ、ビアリッツ・ルックや当時の人気テニス選手スザンヌ・ランランのためのテニス・ルックなども手がけた。

ビジネスに結びつけたショーマンシップは有名で、コレクションを初めて夜間に開いたことでも有名。顧客にシャンペンを振舞ったり、店内にカクテル・バーを設けたり、発表したファンシーなドレスを売るのに、舞踏会を開いて顧客と一緒にダンスに興じた。また、そんな催し好きなアメリカの顧客を特に大切にした。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29