ジャン・デセ : Jean Dessès

1904年、エジプト・アレタサンドリア市生まれのギリシャ人。“ジャン・デセー・ディヒュージオン(「ジャン・デセーの普及版」の意)”の名称で低価格の服を大量生産して、フランス既製服発展の口火をきったデザイナーとして重要。少年の頃、外交官を目指してパリに行き法律を学んだが、翻意して服飾デザイナーを志望、25年から20年間、オート・クチュール・ジャーヌ(Jane)の店で修業を積んだ。37年、パリ・ジョルジュ・サンタ通りに店を構え、48年にマティニオン街の旧アレグザンドル・エッフェル邸(エッフェル堵の設計者)にメゾンを移した。彼の作風はエジプト、ギリシャの民族衣裳からインスピレーションを受けた、異国趣味の濃いエレガンスが特色で、布地はモスリンやシフォンの繊細さを愛した。特有の格調が貴顕夫人に好まれ、その中にギリシャ女王、マーガレット王女、ケント公爵夫人らがいた。65年、健康を害したためにパリのメゾンを閉じ、ギリシャへ帰ってささやかにブティックを経営したが、70年、アテネで一生を終えた。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/04/28