ジェームス・ガラノス : James Galanos

ジェームス・ガラノス James Galanos は、1925年にアメリカのペンシルバニア州フィラデルフィアに生まれたファッション・デザイナーです。ニューヨークを拠点に活躍しました。

ジェームス・ガラノス : 学歴

1942年、ジェームス・ガラノスは、ニュージャージー州ブリッジトンのブリッジトン高校を卒業して、ニューヨークに行きました。ロシアの舞台衣装デザイナーであるバーバラ・カリンスカ Barbara Karinska が甲長を務める学校に入学したかったのです。しかし、学校は秋の開校が出来なくなり、彼は同種の学校で最初の1つであるトラファージャン・スクール・オブ・ファッション Traphagen School of Fashion に入学しました。彼はトラファージャンで2学期を過ごしました。1学期は一般的なデザイン研究に、2学期はドレーピングと構成に費やされました。1943年、入学から8ヵ月後に彼は退学しました。彼は自分の学びたいことはアパレル産業の実践経験からしか得られないと感じたからです。

ジェームス・ガラノス カクテル・ドレス 1954年
ジェームス・ガラノス制作のカクテル・ドレス 1954年 via James Galanos | Cocktail dress | American | The Met

ジェームス・ガラノスの独立まで

1944年、ジェームス・ガラノスは、ジャン・ルイス、ポーリン・トリジェール、ノーマン・ノレルらの才能培養所であるハッティ・カーネギー Hatti Carnegie のニューヨーク・西49番街の店舗で一般補佐役として勤務しました。彼の仕事は創作より事務仕事だと分かり、これに失望したガラノスはカーネギー社を離れ、7番街の各工場へ1枚10ドル未満で自分のスケッチを販売し始めました。

その後、1945年、元トラファージャン・スクールのスタイル・ファッションの教師であるエリザベス・ロラバッハ Elisabeth Rorabach がニューヨーク・タイムズ紙で見つけた「助けて下さい」広告をガラノスに読むよう伝えました。その広告は、繊維有力業者 ローレンス・レザヴォイ Lawrence Lesavoy のものでした。「彼の美しい妻、ジョアンは、カリフォルニアで既製服ドレスの事業を始めたいと考えていました。彼らはデザイナーを探していたのです」と、ガラノス氏は振り返ります。レザヴォイ夫妻は週75ドルで彼を雇いロサンゼルスに派遣しましたが、計画は具体化されませんでした。 結局、夫妻が離婚したため、ジェームス・ガラノスは仕事を失いました。

ジェームス・ガラノス ドレス 1969年・1970年秋冬コレクション
ジェームス・ガラノス制作のドレス 1969年・1970年秋冬コレクション via James Galanos | Dress | American | The Met

その後、コロンビア・ピクチャーズの主任コスチューム・デザイナー、ジーン・ルイスが、ガラノスをスケッチ画家の助手に雇いました。しばらくして、ローレンス・レザヴォイは24歳のガラノスをパリに送ることに同意しました。ロベール・ピゲ店はアメリカ人をアシスタントに雇用していて、その中にはピエール・バルマンユベール・ド・ジバンシーマルク・ボアンらがいました。ロベール・ピゲの工房で、ジェームス・ガラノスは材料を選択するために繊維や縁飾りの供給元と会い、日常的に彼の仕事を監督したピゲの目の前でデザインを描き、ドレーピングもしました

1948年、ガラノスは米国に戻り、ニューヨークに服を作る会社 Davidow から仕事を引き受けました。新しい仕事は彼に創造性をほとんど許さず、彼はまもなく辞任しました。

ジェームス・ガラノス制作のアンサンブル 1968年
ジェームス・ガラノス制作のアンサンブル 1968年 via James Galanos | Ensemble | American | The Met

ジェームス・ガラノスの独立

1951年、ジェームス・ガラノスはカリフォルニアで別の選択肢を選び、1952年に自らの会社ガラノス・オリジナルをオープンしました。開店直後、ビバリーヒルズの高級百貨店サックス・フィフス・アベニュー Saks Fifth Avenue の依頼で小さなコレクションを作成しました。彼はその後、ニューヨークに店舗を開くと、ニーマン・マーカス Neiman Marcus の衣料品の買い手が店を見つけ、彼のスタイルが間もなく「世界を震​​撼させる」と予測しました。ニーマン・マーカスの社長、スタンリー・マーカス Stanley Marcus は、女性が持っている世界はジェームス・ガラノスのドレスになるだろうと同意しました。

ダイアナ・ヴリーランド Diana Vreeland, エレナー・ランバート Eleanor Lambert, ユージーニア・シェパード Eugenia Sheppard らの伝説的な雑誌編集者やスタイル決定者たちはジェームス・ガラノスのファンとなり、数ヶ月以内に彼が王室の名前になると確信しました。この最初のコレクションから、彼の服は特に高品質であったため賞賛されました。その理由は、既製品でもこの水準で制作できるのだという点でした。

ジェイムス・ガラノス オーロラ遺伝子 1959-60秋冬
ジェイムス・ガラノス制作のオーロラ遺伝子 1959-60秋冬 via James Galanos | “Aurora Borealis” | American | The Met

ジェームス・ガラノスは、特にシフォンドレスに力を入れ、1950年代初めに細心の注意を払って手作りの縁を作っていました。多くのデザイナーもシフォンを使って仕事をしていましたが、ガラノスはこの分野の真の主人でした。彼はシフォンをドレーピングし、それをプリーツし、それを重ね、花柄プリントと金属光沢を持つ生地を使用しました。シャツ・ウェスト・ドレスとして、またはサロンのような魅惑的なスタイルで、彼はシフォンに高いスタイルを与えました。時には彼は胸の上に刺繍された立体的なジュエリーの蝶を持つ注目すべきピン・ストライプのドレスのように、それを金色にした場合もありました。

ジェームス・ガラノスの作風

独自のスタイルを守りとおして流行の圏外に立ち、アメリカでもっとも高価な衣装を超一流の映画スターやハイソサエティの女性に提供しました。既製服はぜいたくの極致とされ、ラインの純粋さは職人魂の完ぺきな表われといわれます。実績はすでに30代の若さで認められ、1954年から5年間にわたりニーマン・マーカス大賞、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を4回受賞しました。布地はフランスのビアンキニ社やスタロン社などからの直輸入品で、シフォン、プリント・シルク、ベルベット、レースなどです。また、最も評価の高いシフォンのドレスなどを制作するかたわらで、装身具、靴、ストッキングなども自社ブランドで製作し、ヘアやメイクアップの美容分野にまで手を広げた広範なトータル・コーディネート志向です。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29