近代日本の導入した洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む

近代日本は 洋裁 の色んな側面から、どの技術や物・部分を導入したか?

大丸弘は、1900年頃から30年頃までの裁縫書を中間期裁縫書と名づけ、網羅的に調査して分析しています。1900年というのは、和服の形が洋服に近づき始め、また、日本人が洋服に慣れ始めた大転換の時期です。

以下では、大丸弘『西欧型服装の形成―和服論の観点から―』(国立民族学博物館研究報告別冊4号、1987年2月)をテキストに、近代日本が導入した 洋裁 の技術や物が何であったのかをまとめています。

外国技術や外国文化の名づけ方 : 特に 洋裁 の場合

近代日本が外国技術や外国文化を導入した時、それまで日本に存在しなかったものが多かったのは当然です。肝心なのは、新技術や新文化の名前が二つの方法で決定されたことです。つまり、

  1. 外国語を直訳した新造語を用いる
  2. そのままカタカナにしたものを用いる

以上の二つに大別されます。

洋裁 技術やファッション用語の場合は、後者(つまり2番)がほとんどでした。たとえば、Ironには、鏝(こて)や火熨斗(ひのし)という言葉が使われることもありましたが、20世紀転換期頃(1900年頃)にはアイロンまたはアイヨンに定着していきました。江戸時代に中国から伝来したといわれる火熨斗(または鏝)では、アイロンの上に付いた取っ手が説明できないからです。

火熨斗
火熨斗 via 衣~洗濯・アイロン | 学習資料「昔のくらし」 | 金沢くらしの博物館

近代日本の導入した 洋裁

このように、昔の裁縫書やファッション関連本を見る時、カタカナを探すと新技術が見つけやすいのです。そこで大丸弘が 洋裁 技術の中で注目したのは、頻度の多い順に、(1)ミシン、(2)ギャザー、くせづけ、(3)芯・裏打布、(4)レース、リボン、(5)ホック、ボタン、(6)ポケット、以上の6点でした。

ちなみに、この6点を決定づけるために、大丸弘は数十冊にわたる中期裁縫書を読み漁り、カタカナ、あるいは新造語の登場する頻度を集計しました。ですから非常に説得的で、作業的には、やや鬼気迫るものがあったと感じます。

洋裁 の代名詞となったミシン。「ミシンを使って、彼らは傘、帽子、ベルト、その他のものを縫いました。ハウ・ミシン」
「ミシンを使って、彼らは傘、帽子、ベルト、その他のものを縫いました。ハウ・ミシン」 “Using the machines, they were able to sew umbrellas, hats, belts, and many more”. Howe Sewing Machines via Antique Sewing Machines – Best Sewing Machines Reviews 2016

以上の6点を細かく分けますと、(1)のミシンは機械、(2)のギャザー、くせづけは技術か工夫、(3)の芯・裏打布は物、(4)レース、リボンも物、(5)ホック、ボタンも物、(6)ポケットも物、となります。これらの内、機械であるミシンは、やはり当時においては衝撃だったようです。19ページに掲げられた表「中間期裁縫書における片仮名語」をみると、確かにミシンが際立って頻出していることが分かります。正しい認識かどうかは置いておくとして、ミシンは 洋裁 の代名詞となりました。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/05/17
[更新日]2017/06/17