ハイ・ヒール : high heel

ハイ・ヒールの意味

ハイ・ヒール high heel はロー・ヒール(low heel)の対語で踵の高い靴(特に7cm以上)、または踵の台や棒のこと。ヒール・アップ(heel up)ともいう。ドレスアップしたときに用いるパンプス、サンダル、ブーツに用いられることが多い。踵が10cm程度以上の場合は、とくにピン・ヒールといわれる場合もある。

(c) 1996 by Block 2 Pictures Inc.
メリー・ジェーンのハイヒール。王家衛「恋する惑星」 (c) 1996 by Block 2 Pictures Inc.

ハイ・ヒールの履き難しさ

見た目の背が高くなりスタイルがよく見える。歩行には向いていない。履きこなすのはかなり難しく、モデルや女優は訓練を積んでいるため映えるが、素人が履くと前屈みになり、恐竜歩きになりやすい。なお、ハイ・ヒールの歩き方は脚を曲げるのを目立せないのがコツ。

ハイ・ヒールの普及

洋の東西を問わず古代から高い踵の靴は男女ともに上流階級で履かれたこともあったが、資料的に豊富ではっきりと記録されるのは17世紀のフランスあたり。その後は女性のみがハイ・ヒールを履くようになった。衣装の一部にはコルセットやネクタイのように拘束性の強いもの、あるいは運動性の乏しいものが歴史上しばしば使われてきたが、ハイ・ヒールや纏足靴もその一例で、近代家父長制の観点から、女性史やジェンダー論の研究で取り上げられることが多い。中国や日本でハイ・ヒールが履かれるようになったのは、欧州やその植民地のさまざまなダンスが都市部で流行した1910年代から。

(c) 2000 by Block 2 Pictures Inc
王家衛「花様年華」 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

ハイ・ヒールの起源あれこれ

なお、ハイ・ヒールがパリで定着した起源に、汚物都市パリでアパートから降ってくる人糞除けにパラソルが、道路の人糞除けにハイ・ヒールが定着したといわれる。しかし、きっかけを証明することは難しく、実証的な文献は未確認である。「普及の一要因となった」程度はいえるであろうが、これを起点であるとは考えにくい。古代フランスでのハイ・ヒールの有無や中世の流入などが解明されるべきであるが、ヨーロッパの衣服史・服飾史は意外に資料が乏しく説得的な文献やネット情報が見当たらない。

ハイ・ヒールの関連ページ


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2015/03/30
[更新日]2017/05/07