ジャンフランコ・フェレ : Gianfranco Ferre

ジャンフランコ・フェレ Gianfranco Ferre は、1944年にイタリアのレニャーナに生まれたファッション・デザイナーです。ジャンニ・ヴェルサーチジョルジオ・アルマーニとともに1980年代ミラノの3Gと呼ばれました。1969年、ミラノ工科大学建築学科卒業。卒業後は、インテリア・メーカーのデザイナーとして勤めました。

ジャンフランコ・フェレ ファッション業界へ

ジャンフランコ・フェレ は、ミラノ・ファッション界で有名な友人、ウォルター・アルビーニのアクセサリー・デザインを手がけたことから、ファッション界へ転身。1973年、イタリア企業から派遣され、技術開発・指導のため、インドに滞在。ここで、アクセサリー、スポーツ・ウェア、既製服などのデザインを手がけました。帰国後、1978年に自社を設立し、「ジャンフランコ・フェレ」でミラノ・コレクションに初参加。

ミラノの3Gといわれた1980年代、エグゼクティブ・ウーマンに象徴される、知的でリッチで活動的という当時の女性の理想像を実現するものとして、世界中の女性たちのステイタス・ブランドとなる。1982年に紳士服をスタート。同年、婦人服では、ミラノ・コレクションでその年に活躍したデザイナーに贈られる「ロッキオ・ドーロ」(金の目賞)を受賞。

1984年に香水を発売。1986年にローマ・オート・クチュールに参加。1989年には、クリスチャン・ディオールのデザイナー(アーティスティック・ディレクター)に就任。イタリア人デザイナーがフランスの代表的なブランド、ディオールを継承することには賛否両論があったそうですが、就任直後に20%の増益をディオール社にもたらし、反発する人々を納得させました。ディオール赴任時にデ・ドール賞を受賞。以後、1996年まで、構築的な服作りでディオールの看板を背負いました(以後、ディオールのデザイナーは、ジョン・ガリアーノ)。

1990年代、ブランド「ジャンフランコ・フェレ」は、より広い購買層をターゲットに、ディフュージョン・ラインを次々に発表。

1988年の男女のディフュージョン・「ストゥーディオ000.1・バイ・フェレ」(97年以後、ジャンフランコ・フェレ・ストゥーディオに改称)をはじめ、1990年には、、96年には、若い世代を対象にした「ジーエッフェ・エッフェ」をスタート。さらに、1997年、日本のスポーツ・ウェア・メーカー、ミズノ(美津濃)と提携し、初めてスポーツ・「ジャンフランコ・フェレ・ゴルフ」を開始した。

1998年、設立20周年を記念に、「ジャンフランコ・フェレ」の本社がミラノ、ポンタッツイオ通りに完成。地下2階、地上3階、7000平方メートル超の広さで、アール・ヌーボー様式の建物を改装したもの。

ジャンフランコ・フェレ の作風

作風は、モダン・デザインとミラノの伝統産業との結合といわれるように、重厚かつ活動的で、エレガンスなものが中心。美しい色づかいとシャープで構築的な形式は、緻密かつ大胆な発想にもとづき、細かく計算された造形性が、建築家としての風貌をみせる。建築とファッション・デザインに違いを感じないというフェレが尊敬するのは、20世紀の西欧建築を代表するF.R.ライトとギュスターヴ・エッフェルという2人の建築家。ロッキオ・ドーロ賞(5回)、デ・ドール賞、受賞。

広告

この記事の面白かった所や難しかった所を教えて下さい。