ジェフリー・ビーン : Geoffrey Beene

ジェフリー・ビーン Geoffrey Beene は米国ルイジアナ州へインズビル出身のファッション・デザイナー。ニューヨークの7番街に本拠を置く婦人服のトレンド・セッターとなる。

医学を5年間学んだが、途中で転進し、パリで服飾研究をした後、エドワード・モリヌー、ニューヨークのサミュエル・ウインストン Samuel Winston 社ほか数社に勤め、1963年に自分の店を持った。1970年にブティソク“ビーン・バッグ(BeeneBag)”を開き、メンズ・ウェアや毛皮にまで手をひろげた。1975年、ミラノで開いたショーが大成功したのを契機に、ビーン・デザインのヨーロッパでの生産・販売に踏みきった。

Geoffrey Beene | Caftan | American | The Met
カフタン(またはカフタン風ドレス) Caftan via Geoffrey Beene | Caftan | American | The Met

ガブリエル・シャネルピエール・カルダンから影響を受け、組合わせ自由で、着やすく、女らしく、カジュアルな服作りを大切にしている。「服は魅力的であると同時に動きやすく、着やすく、持ち運びしやすくなければならない。ヘムラインや丈はそう重要ではない」。これがビーンのモットーである。アメリカ・ファッションを世界にひろめた功績は大きく、コティ・アメリカ・ファッション批評家賞を4度受賞した。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29