袖形成と上下の組み合わせからみた東アジア民族衣装の展開

このページでは 中国 のモードと西洋のモードが20世紀東アジアの 民族衣装 に大きな影響を与えた点を 袖 の在り方から説明しています。具体的には、古代中国における袖付と上下の組み合わせから、東アジア民族衣装の展開をたどります。また、古代中国の服飾体系(服装体系)をもとに、最後の補説では西洋の黄金比も交えた近現代の民俗衣装(民族衣装)への影響を簡単にまとめています。

中国ルーツの袖と西洋ルーツの袖の違い

まず、袖の在り方が西洋と中国でどう違っていたのかを確認しましょう。次の写真は中華民国期の旗袍を再現させたものです。肩と身頃(胴体)の区別がありません。一枚の布をそのまま身体全体に使っています。このような袖は身頃と連なっていることから連袖と呼びます。

民国期旗袍の再現(atelier leilei提供)
民国期旗袍の再現(Atelier Leilei提供)

これに対して、西洋ルーツの袖の内、現在、世界中で最も多く使われているのが接袖と呼ばれる袖です。次の写真を見てみましょう。この袖は身頃や肩と切れています。袖付と呼ばれる洋裁技術が採られており、一旦、同じ1枚の布を部分単位に裁断し、その後にくっつける(接続する)方法なので、これを中国語で接袖と呼びます。日本語では普通袖やセット・イン・スリーブと呼びますが、文字だけでは意味が分かりません。

接袖の旗袍 (c) Atelier Leilei
接袖の旗袍(Atelier Leilei提供)

東アジア民族衣装の影響類型

中国、朝鮮、日本、ベトナムをまとめて東アジアと呼びますが、当該地域の民族衣装は20世紀前半に大きな変容を遂げ、程度の差こそあれ、いずれもが西洋服へ接近しました。東アジアの服装が中国から強く影響を受けてきたことは広く指摘されてきました。現在でも朝鮮の韓服・저고리(チョゴリ)と日本の着物は中国の古代漢服(唐服)の影響下にあり、中国の旗袍とベトナムのÁo dàiは清朝期旗袍の影響下にあります。

これらの各衣装は中国からの影響のもと、西洋裁縫技術を導入しながらスリム化とボディ・コンシャス化の方向へ共時的に進みました。この点は、高橋晴子『近代日本の身装文化』(三元社,2005年,246頁)や、岩本真一『ミシンと衣服の経済史』(思文閣出版,2014年,第4章3節「二重の洋服化―洋服の普及と伝統服の改良―」)等をご参照ください。

中国服飾史にみる上衣下裳と上下連属

古代中国では天地を象徴させた上衣下裳(Two Pieces)の形式が長期間にわたり整備され、主に礼服として活用されてきました。同時に、上下連属(One Piece)の長衣も利用され、深衣、長衫、旗袍などがこれに属します(以上、華梅『中国服飾』五洲伝播出版社、2004年、9頁)

これまでみてきた古代中国では、上衣下裳(Two Pieces)と上下連属(One Piece)が区別されていました。近現代の民俗衣装から民俗衣装への変容において、袖の形態からみた場合、次のような衣服史・服装史の展開パターンを描くことができます。

袖 の発生と上下の組み合わせからみた東アジア 民族衣装 変貌の方向

袖の発生と上下の組み合わせからみた東アジア民族衣装変貌の方向。注 : 連袖は該当英語無し(Plain Sleeveか)、連肩袖は「Raglan Sleeve」、接袖は「Set-in Sleeve」。 注2 : 「上下連属」はOne Piece、「上衣下裳」はTwo Piecesで、上衣=Jacket、下裳=Skirt or Trousers。
袖の発生と上下の組み合わせからみた東アジア民族衣装変貌の方向。注 : 連袖は該当英語無し(Plain Sleeveか)、連肩袖は「Raglan Sleeve」、接袖は「Set-in Sleeve」。 注2 : 「上下連属」はOne Piece、「上衣下裳」はTwo Piecesで、上衣=Jacket、下裳=Skirt or Trousers。(c) 岩本真一(モードの世紀)

図を見ますと、チョゴリと着物が変化の少ない衣服で、アオザイと旗袍は変化が大きかったことが分かります。アオザイは上下の組み合わせを変えず、袖付を変えました。旗袍は袖付を変え、連袖から接袖へ転換しました。さらに上下の組み合わせを放棄して、上下連属(One Piece)に転じました。民俗衣装が民俗衣装となった変化で最大の衣服が旗袍だといわれる所以です。旗袍が20世紀を通じて大きく転換した内容と意義は「近現代旗袍の変貌」に述べたので、そちらをご参照下さい。

補説 : 東アジア民族衣装への黄金比の応用

袴のトップが高い位置に昇った事情はよくわからないが,一般のきものにおいて,帯をしめる位置の上昇したことと,関係しあっていることは,たしかである。袴のみについていえば,中国の裙や,朝鮮のチマ(裳)のトップは,乳房のあたりまでくるのであるから,その影響ではないにしても,共通の理由がかくれているかもしれない。女性の帯の位置が高くなりだしたのも,およそ同時期―今世紀に入ってからのことである。(大丸弘「現代和服の変貌Ⅱ―着装理念の構造と変容―」『国立民族学博物館研究報告』千里文化財団、第10巻1号、1985年7月、199頁)

中国の裙(skirt)、朝鮮のチマ(裳)、日本の着物帯のトップが乳房近くまで上昇する点に東アジアの共時性が示されています。下半身を上昇しているように見せる錯覚効果には、西洋の黄金比が応用されています。詳しくは「東アジア民族衣装への黄金比の応用」をご参照ください。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/03/10
[更新日]2017/05/26