ダイアン・ファーステンバーグ : Diane Furstenburg

ダイアン・ファーステンバーグ Diane Furstenburg は、ベルギーのブリュッセルに生まれたファッション・デザイナー。公式サイトでは「Furstenberg」とも。ニューヨークで活躍し、「ココ・シャネル以来、最も成功した女性」(『ニューズ・ウイーク』76年9月号)と言われた。

スイスのジュネーブ大学で経済学の学位を取得し、在学中に知り合った公爵、イーゴン・フォン・ファーステンバーグと結婚し「プリンセス」となった。息子アレクサンドル(Alexandre)と娘タティアナ(Tatiana)がいる。

1969年、夫とともに渡米。「快適で、フェミニンなドレスを買いやすい価格で」をモットーに、翌70年ダイアン社を設立し、ニューヨークの5番街にオフィスを構えた。当初はニット・ドレスを得意としていた。

76年、500万着ものラップ・ドレスを販売。以後、ダイアンは『ニューズ・ウィーク』や『ウォール・ストリート・ジャーナル』などの表紙を賑わし、グロリア・シュタインハム(Gloria Steinham)から、アメリカの女優シェリル・ティーグス(Cheryl Tiegs)まで、ありとあらゆる女性が、ダイアン・フォン・ファーステンバーグのラップ・ドレスを着た。ダイアンは、70年代ファッション、リベラルな女性などのアイコンとなった。ウォッシャブル性、着用範囲の広さ、着心地のよいスリムなラインなどが特徴の既製服は、シックなイメージで着られ、フェミニンで、知性的な女性のあいだに人気が高まったのである。

70年代は、香水、サングラス、ドレス、スポーツウェア、毛皮、ラウンジウェア、コート、サングラス、バッグ、セーター、壁紙、家具などのライセンスを持つまでに発展。79年には総売上げが400億円を越えた。

とくに75年にスタートした香水では、「愛に満ちた女性と思い出の男性のために」をテーマに、彼女の娘のために名付けられた「Tatiana」が、即効的なメガヒットを記録。また、「化粧は、女性と鏡の間の秘密事なの」と明言するダイアンは、次の挑戦を化粧品部門へとシフト。70年代の終わりまで、ダイアンのセクシーで独特なスタイルは、普遍的な立場を得た。ダイアン・フォン・ファーステンバーグという称号は、一連の製品に見られるようになった。

化粧品事業が展開された後の83年、ダイアンは、オートクチュール・コレクションに意識を集中。マイケル・グレイブスのデザインした小さなブティックを、ニューヨークのシェリー・ネザーランド・ビルにオープン。翌84年、アメリカ・ファッション界の旋風に対し、ダイアンは突如として後ろ向きになり、パリへ移動した。なお、80年代におけるDVFのライセンス部門の売上が1000万ドルを突破している(89年)。

アメリカへ戻ってからのダイアンは、91年に、生活インテリア・シリーズの一作目となる処女作『ベッド』を出版。以後、『バス(浴室)』(93年)、『テーブル』(96年)と続いている。その間、ヴィンテージ・ショップでオリジナルなラップ・ドレスを購入する若い女性世代から影響を受け、ダイアンは、息子の妻アレクサンドラの協力を得て、自身のドレスのデザインを再開した。

その間、パイオニアのテレビショッピングで、デザイナーとしてシルク製品のコレクションを公表したり(92年)、『ヴァニティ・フェア』誌の編集(93年)をしたりしている。

97年、ウェスト・グリーンウィッチ・ヴィレッジにある19世紀風のキャリッジ・ハウスに本部を移転。同時に、サクス5番街のセレクト・ショップでのライセンスもドレス部門を中心に展開しつつ、リテールに復帰。また、コレクションも、ブルーミングデイル、バーニー、スクープ、フレッド・セガールなどを展開し、コレット、ヨゼフ&ジョイスブティックなど国際的な専門店もオープン。息子の妻アレクサンドラは、新しい世代の架け橋として、スタジオのクリエイティブデザイナーに就任している。

98年、個人録兼ビジネス録である『ダイアン-シグナチャー・ライフ』(著者はサイモン&シュスター)を出版(現在第2版)。翌99年には、リテールの戦略を専門店に集中させつつ、シグナチャー部門のコレクションも拡大させ、アクセサリーも手がけるようになった。

2000年、ダイアン・フォン・ファーステンバーグは、フルドレスとスポーツウェアのコレクションを追加。コレクションの展開は、一層グローバルに拡大した。さらに、02年には、マイアミの「Village of Merrick Park」に店をオープンした後、ニューヨークのウェスト・ヴィレッジに「ダイアン・フォン・ファーステンバーグ」(DVF)を開店。翌03年、香水とメイクアップのライン「ダイアン・フォン・ファーステンバーグ・ビューティ」にも着手。DVFのリテールは拡大を続け、ロンドンの「Notting Hill」にも新しい店が開かれた。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/18
[更新日]2017/05/29