クリストバル・バレンシアガ : Cristobal Balenciaga

クリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balenciaga)は1895年にスペインのバスク地方の漁村ゲタリアに生まれた。お針子をしていた母の影響で、幼い頃から仕立に興味を持つ。裁断と縫製は独学。

20世紀になり、14歳のとき、カサ・トレス侯爵家で見た侯爵夫人のスーツをパリ風に真似たのがきっかけで、婦人は彼のパトロニエ(女性のパトロン)として資金面を援助するようになる。15歳で独立。セシル・ビートンは、スペイン人のクリストバル・バレンシアガを「クチュール界のピカソ」を呼んだほどだ。

Evening dress, Cristobal Balenciaga, 1938-39
イヴニング・ドレス、クリストヴァル・バレンシアガ、1938・39年(Evening dress, Cristobal Balenciaga, 1938-39) via >House of Balenciaga | Evening dress | French | The Met

後、マドリードのテーラーを経て、1915年に、サン・セバスチャンにメゾンを開く。1928年、本拠地をマドリードに移し、バルセロナにもメゾンをオープン。3店は「エーザ」(Eisa)という名のメゾンであった。その後、1931年のスペイン内乱(スペイン革命)によって、全店を焼失しただけでなく、貴族中心の従来の顧客からほとんど注文を受けなくなったこともあり、倒産に追い込まれる。市民戦争で疲弊したクリストバル・バレンシアガは、ロンドンを経て1937年にパリに移る。そこでは、ジョルジュ・サンク通りにメゾン「バレンシアガ」を開いた。スペインの画家、ゴヤやベラスケス調にパリのエレガンスをまじえたような作品で、一挙に一流デザイナーにランクされた。

1938年には、クリスチャン・ディオールの「ニュールック」の先駆けともいえるスタイル「ゲピエ・ルック」を発表。その後も、ペンシル型のスリムなパネル・スカート(1948年)や、1950年代には、ウェスト・ラインをもたないストレートな「バレル・ルック」、シンプリシティを追求したシュミーズ・ドレスの「サック・ドレス」などを続々と発表。当時、女性らしさをロマンティックなモードで表現していったクリスチャン・ディオールに対し、クリストバル・バレンシアガは、厳しいシンプリシティを推進し、社会生活のインフォーマル(略式)化に対応するスポーティなラインを開拓した。

Evening ensemble, Cristobal Balenciaga, ca. 1950
イヴニング・アンサンブル、クリストヴァル・バレンシアガ、1950年頃(Evening ensemble, Cristobal Balenciaga, ca. 1950) via House of Balenciaga | Evening ensemble | French | The Met

1960年代になると、作風は、若々しく、一層、プラクティカルなものとなる。膝頭の下までの革のブーツ(1962年)、バトル・ドレスや毛糸の柄編みストッキング(1963年)、組み替え可能なコントラスト・カラーのチュニック・ドレス、毛皮の変わりにマルチ・カラーの毛皮の束を利用したコート(1967年)などが代表的な作品だ。

人前に出たがらず、宣伝嫌いでもあった彼はジャーナリストの横暴をさけて、1956年以降、プレスをシャットアウトしたが、新聞、雑誌は「デザイナーの王様」という讃辞を呈し続けた。

House of Balenciaga | Evening dress | Spanish | The Met
イヴニング・ドレス、クリストヴァル・ヴァレンシアガ、1957年春夏コレクション(Evening dress, Cristobal Balenciaga, spring/summer 1957)House of Balenciaga | Evening dress | Spanish | The Met

イヴニング・ドレス、クリストヴァル・ヴァレンシアガ、1957年春夏コレクション(Evening dress, Cristobal Balenciaga, spring/summer 1957)House of Balenciaga | Evening dress | Spanish | The Met

なお、メゾンからは、ユベール・ド・ジバンシー、アンドレ・クレージュ、エマニュエル・ウンガロらが輩出されたが、プレタ・ポルテ時代の到来によってメゾンは改革を余儀なくされ、1968年のパリ5月革命の後、突如、30年余の伝統のあるメゾンを閉鎖し、クリストバル・バレンシアガはモード界から引退した。引退の名言「プレタに乗り出すには、あまりにもクチュールを知りすぎた」は、業界で印象深く記憶されている。

1972年、スペインの故フランコ将軍の孫娘のためのウェディング・ドレスの制作を最後に、1973年に死去。

その後、弟子の一人、フェルナンド・マルチネス(スペイン人)がパリの同じ場所でプレタ・ポルテ「バレンシアガ」をオープン。個人のグリフを再開した。その後、1986年にジャン・パトゥのメゾン出身のデザイナー、ミッシェル・ゴマ、1993年からは、ジョセフュス・メルキオール・ティミスターがデザイナーを務めた。現在では、ゴルチエのメゾンで経験を積んだフランス人デザイナー、ニコラ・ゲツキエールが主任デザイナーとして就任している。

クリストバル・バレンシアガが、アメリカで第1回のコレクションを催したのは、1939年。ベラスケス調の作品で人気を博し、世界的に名が知られるようになった。彼は、人間嫌いで、常に格調の高い独自な作品を発表し続けたが、あらゆる衣服のデザイン、裁断、縫製、フィッティングができるという、比類のない技術に支えられていた。また、自分の特殊な技術やデザインが外部に漏れることを嫌い、デッサンを行なわずに直接マヌカンに生地を纏わせて裁断するという技法で服作りを行なったのは有名である。


この記事の面白かった所や分かりにくい所を教えて下さい!

[投稿日]2017/02/17
[更新日]2017/05/06